タグ別アーカイブ: dog run

ドッグランーその2-Off lead park

以前のブログで、日本のドッグランとオーストラリア(メルボルン)の様子の違いについて書きました。

先日、動物関係のクラブハウスを覗きました。

米国や、イギリスもオーストラリアと同じく、それぞれの州や自治区で事情は違いますが、お話を聴いていて思ったのは、オーストラリアは一番、犬にとっては恵まれた環境だということです。英国やアメリカ在住経験の方は、それぞれの国には特に「オフリードパーク」と呼ばれる場所はなく、ただ、郊外の自然が多い環境だと、飼い主が自然に犬をオフリードにしている、とのことです。一方、オーストラリア在住の方が、(どこの州なのかは分かりません)、オーストラリアのオフリードパークやビーチのことをシェアすると、「アメリカもイギリスも、犬が喧嘩をして人を噛んだりするということが心配されているので、公にオフリードパークにするということはないのだろう。」ということをおっしゃっていました。

ほぼ毎日我が家の愛犬さき(15ヶ月ボーダーコリーメス)を連れて近所のオフリードパーク(ドッグラン)に連れて行きます。どこのパークにも必ず、写真のような案内があります。写真の6つの決まりは以下です。1飼い主は必ずリードを守って、必要であればリードをつけましょう。2(人間の)遊具、バーベキューやピクニックアリアがある位置から5メートル以内には近づかないように。3犬のうんちを始末するための袋は必ず携行し、袋はゴミ箱に入れましょう。4飼い主さんは必要な声やジェスチャーで犬を管理しましょう。5飼い主さんは他の犬や人にジャンプ、攻撃させないよう気をつけましょう。6生後3ヶ月経ったら、犬猫は自治体に登録するのが法律で義務付けられています。このルールに従わないと罰金が課せられることがあります、とも書いてあります。

私たちの経験から、大抵の飼い主さんはルールに従っています。従わない飼い主さんがいると、注意をしたりする方も見かけます。

また、犬も大抵はよくしつけされています。このような事情なので、自治体もオフリードパークを設置できますし、飼い主さんも安心してオフリードパークやビーチを利用できるのだと思います。最近はオーストラリアも都心はアパートも増え、私たちのような、アパートで犬を飼う人も多くいます。そのような環境の中で、オフリードパーク、ビーチは無くてはならないものです。

In my past blogs, I’ve written about the difference between dog off lead park in Australia (Melbourne) and a “dog run” in Japan.

Last week I visited the Clubhouse, an online showcase of guest speakers discussing themed topics. Those who live in England, USA and Australia discussed the off lead park in their countries. Those who live in England and USA both said there is no such thing called an “off lead park” for dogs in their countries and usually the dog owners take their dog’s lead off any way, where there are lots of nature and less people. They also said in their countries, dog bites had been an issue, so it is possible the council hesitates to make public dog off lead parks. Australian regulation is different from each council/state and when I heard this, I thought Australia has one of the best environments for dogs.

Almost every day, I walk with our dog Saki (15 months old female border collie) to one of many off lead parks in our neighbourhood. Every dog park has the sign which shows the rules within the park as shown in the photo. The rules say: 1. Dog owners must carry a lead or chain to restrain the dog, if required. 2. Dogs must not be within 5 meters of the children’s play area or BBQ or picnic area. 3. Dog owners must maintain effective voice or hand control within view of their dog at all times. 4. Dog owners must always carry a bag to collected their dog’s droppings. 5. The person responsible for the dog/s must not allow the dog to jump on chase or attack another person, dog or animals. 6. Pet owners are reminded that all dogs and cats over 3 months of age are required by law to be registered with their council. Penalties apply, if you don’t follow these rules.

From our view, most of the dog owners follow the rules. I have seen some dog owners have been told off by the others, as they stretch the boundary of acceptable behaviour.

In general, I think the dogs who are in the off lead park, are well trained and behaved. This is one of the reason why the councils are happy to make the off lead parks/beaches and dog owners feel safe about using them. Recently there are many dog owners (like us) who live in an apartment and not everyone in Australia live in a house with a big yard. For those dog & dog owners, off lead parks/beaches are essential for the dog’s wellness.

ドッグラン Off lead Park

メルボルンは今日でロックダウン3日に入りました。もう5度目なので、もう慣れたものです。犬たちは多くの飼い主さんが在宅勤務を強制されるので大喜びです。我が家のさきも去年のロックダウン中に迎えたので、ずっと私たちとべったりの「コロナ犬」です。

外出も自宅から5km圏以内、エクササイズ(犬との散歩)は2時間以内制限されます。ありがたいことに、メルボルンには大抵、どこの郊外にも「オフリーシュ」パークがあり、犬たちにとっては、飼い主さんとたくさんの時間を過ごすことができます!そして、パークだけではなく、オフリーシュが許されるビーチも多数あります。

最近、うちからたったの4キロ程の場所にとても素敵なオフリーシュパークCruikshank Parkを見つけました (写真)。パークやビーチによっては、オフリーシュが許される時間や季節(ビーチは夏季中は早朝や夜のみなど)が決まっています。ですから、わざわざ「ドッグラン」を作る必要はありません。

ちょっと調べたところ、日本は「オフリードパーク」というのは「ドッグラン」と呼ばれているみたいですが、どちらかというと、わざわざ人口的なものが多いようで、自然の公園で犬が駆け回れる、という環境ではないようです。それでも、岐阜の実家のあたりには見かけたことがありません。実家は田舎なので、広大な土地はあっても、「公園」と呼べる施設は無に等しいです。日本の実家へ帰る度、「日本のわんちゃんは可哀想。」という思いで一杯です。

「オフリード」公園が日本にももっとできてくれたら、飼い主さんもワンちゃんも退屈さから脱出、他のわんちゃんや飼い主さんとの社交の場ができてハッピー=捨て犬対策にもなると思います。もしもこのアイデアについて問い合わせをしたら、お役所の方の反応はいかがなものでしょうか?

“Dog run”

Melbourne has gone in to its 3rd day of the short circuit lock down. This is our 5th lockdown! Dogs are happier because many owners are forced to work from home. Saki (our dog) joined us during the dock down last year, she is used to the house where we are always with her.

During lockdown, we are permitted to travel within 5km from our house. Thankfully we have many off- lead parks and even beaches in that range. We can spend up to 2 hours a day for exercise. There is no need for “dog run” in Australia. Recently we are luckily to find this lovely off lead park called Cruikshank Park, with a loverly creek running down the centre (photo). Depending on the park/beach, there are restricted times/seasons when off leash is permitted.

However, in Japan, the concept of off leash park is limited to “dog runs”. In many cases, these are different to the ones in Australia. Majority of them have a bland industrial feel. My hometown (Gifu) is located in the country and there are so much more nature. However, I don’t know any good looking parks to walk, for dogs to socialise and to play.

I always feel sorry for dogs in Japan as it is near impossible for dogs to run around, leaving them bored and creating more anxiety for the owners. The pets, and owners, would be happier with less stress and greater relationships. I wonder how the councils would respond to the idea of more nice play areas, to reduce abandoned dogs?