タグ別アーカイブ: chocolatebordercollie

さきちゃん、お誕生日おめでとう🎉

さきちゃん、4月16日で2歳になりました💗

2年前、10年以上のブランクの後で、犬を迎え入れようと思った時は、メルボルンはロックダウンが始まった直後で、どこの保護施設にも犬の姿はなく、適当に問い合わせたブリーダーも何年か待ちという状態の中、さきを迎えることになったのは本当に奇跡でした!

全ての人に、生きる使命があるように、ペットにも生まれてきた理由があると信じています。

さきはどうして生まれてきたのか、を考える時、1番の理由は「出会う人を笑顔にするため」だと思います。(注:まださきは2歳だから変わるかもしれないです❣️)すれ違う人ほとんどの人はさきを見ると微笑み😊、行き違う車の中の人も、窓から顔を出しているさきを見て笑います🥰

おまけとしては、アパートに来る修理屋さんが「この犬はこのアパートの中で1番よくできた犬!」とも言われています!ちょっとこれは飼い主としては照れますが(!)うちにさきが来た理由のもう一つは、息子のケインにお手本を見せることかな、と密かに思っています。

さきちゃん、ありがとうね!!

Saki turned two on April 16! 

Two years ago, when we decided to have a dog, after more than 10 years of not having a dog, because of the lockdown in Melbourne, no dogs in rescue centres were available and we were told it will be years before we can get a dog from some breeders. It was almost a miracle we met Saki!

As all human beings have a reason why they were born, I believe all pets have a reason why they were sent to us.

When I think about the reason why Saki was born, I think it is to make everyone smile😊 . Everyone who walks past Saki, or people in the car (when they see Saki’s face popped out of the car window), smile 😊.

In addition, Saki has a reputation among the tradies who come t fix the apartment building that she is the best behaved dog in the building! I feel this is too exaggeration! BUT I quietly feel the second reason why Saki is with us is to teach my son how to behave!

Thank you, Saki chan for making everyone happy ❤️.

オーストラリアのドッグパークーアデレード編(Off lead park in Adelaide)

新年はアデレードにホリデーで来ています。夫の故郷であるアデレードには毎年訪れます。今回はヒルトンアデレードがペット同伴OKなので、ホテル滞在です!

メルボルンからアデレードまでは7時間のドライブ。さすがにさきも疲れた様子でしたが、翌日にはすっかり復活。見慣れない散歩コースを楽しんでいます。

川沿いの素敵な散歩道

中心地のホテルから車で5分ほどの場所に位置するPityarilla Dog Parkを見つけました。

ドッグパークへ入る前のルール

安全面ーメルボルンとは違って、フェンスがあり、小型犬(13キロまで)専用のスペースもあります。ゲートも二重になっていて安心感は◎

清潔さーうんち用の袋(Biodegradableー環境に優しく、土に帰る原料でできている)もゴミ箱も設置されていて◎

その他の配慮ー私たちが訪れたのは暑い日でした。屋根のあるベンチ、わんちゃんの水飲み場もありました。無料のパーキングスペースもたくさんあってこちらも◎

アデレードはとても静かでゆったりとした時間が流れる街。今回の滞在も楽しんでいます。

こちらの動画も見てね🐶

We are staying in Adelaide this New Year’s holiday. I have been visiting Adelaide many times as my husband was born and spent his childhood there. This time we are staying in Hilton Adelaide as we found out it was pet friendly hotel (this must be due to COVID).

It is 7 hours drive from Melbourne to Adelaide. Saki looked tired after the long drive. On the next day, she seemed fully recovered and is enjoying her walk in unfamiliar environment.

We were lucky enough to find a off leash dog park called Pityarilla Dog Park, which is located within short drive from the hotel in Adelaide CBD.

✅ Safety-There are two spaces for dogs-one for smaller (up to 13 kg) and double gates.

✅ Cleanliness-Poo bags and bins are conveniently placed (the bags were biodegradable – eco friendly!)

✅ other consideration for dogs and owners-It was a warm day when we visited. There are shaded area with roof for the owners to sit down. There was also a water station. Also there are many free parking spaces.

I always enjoy holiday in Adelaide as it is quieter and time goes slow😊

Check out my youtube, too😁

社交的でない犬When Saki meets non-social dog!

2日前からメルボルンは長かったロックダウンがようやく開けました!(州人口のワクチン2回接種率が70%を超えました。)

カフェも屋外なら50人まで席に座れるので、外食が大好きなメルボルンの人たちも(天気はそんなにいいとは言えませんでしたが)、待ってましたとばかりにカフェでの朝食、ランチに出向きました。

私たちはいつものようにさきを連れて、オフリードパークに行く前にコーヒーのテイクアウトを買いに、歩いていました。

いつも通りかかるカフェの前を通りかかったとき、いきなり大型のジャーマンシェパードが私たちの前に現れて、さきを攻撃する様子を見せてきました。するとさきもキャンキャンと鳴いていました。

さきは夫がリードをつけて歩いていたので、夫はジャーマンシェパードとさきの間に立って、それ以上事は大きくなりませんでした。

そして、カフェの外席で座っていた飼い主の男性がすぐにジャーマンシェパードを捕まえることができたのでよかったです。

その間、3秒ほどだったかな。私は足がすくんで残念ながら何もできませんでした。

普段はこの辺りでは社交的な犬に慣れているので、びっくりしました。しかも相手がジャーマンシェパードではさきを襲っても抑えられるか心配。

さきも夫を守る体制に入るだろうし。そうなるとジャーマンシェパードが相手ではさきには勝ち目はないだろうな。最悪の事態を逃れられてよあったものの、やっぱりリードは(つけるところでは)つけていなければいけないな、という良い教訓を学びました。

(追伸)さきの下痢は昨日からずいぶん良くなりました。ご心配おかけしました!

すっかり下痢は治りました!Saki got much better!

Today was the first weekend since long lasting lock down ended in Melbourne a few days ago. Victoria achieved 70% fully vaccinated population.

Cafes can hold up to 50 people. In general Melbournian love eating outside. Today’s weather was not great, but many cafes and restaurants looked busy with these people who want to catch up for breakfast or lunch.

We as usual were walking the busy street to get a morning coffee.

When we walked in front of the cafe we always do a large German Shepard appeared in front of Saki and looked like she/he was going to attach her. Then I heard Saki crying.

Saki was with my husband on lead and he stood between Saki & the other dog. Luckily the owner of the dog also came to grab her/him, so it stopped there, no serious incident.

It was only about 3 seconds that it happened. I was so scared and could move.

I am used to seeing friendly dogs in our neighbourhood, so it was quite a shocking scene. Also we would not be able to grab the other dog, as it was a big dog!

If my husband tried to grab the dog, I guess Saki would have tried to attach him/her to protect my husband, but because of the size difference, I cannot imagine Saki would win! We really learnt that it is very important to keep the dog on lead where they are expected to.

(PS:Saki’s tummy problem is all gone now!Thank you for thinking of her!)

さきの体調が悪い時When Saki is not well

今週初めから、珍しくさきの体調が悪いです。下痢が続いています。いつもは在宅勤務をする私たちに、つまらなくなると、「ボールで遊んで!」とボールを持ってきます。でもそれもなし。

ボールのおねだりもないから心配

下痢で心配したのは、さきがブリーダーからうちへやってきた時、1週間ほど続きました。獣医さんから処方された、「プレバイオティクス」のペーストとお腹の調子を整えるためのScience Hillsブランドのウェットドッグフードを3日間続けたらよくなりました。

プレバイオティックのペースト

今日、獣医さんの予約をしようと試みましたが、今日は予約は一杯、症状を話したら、以前と同じプレバイオティックスとドッグフードをとりあえず与えてみて、様子を見て、ということでした。

プロバイオティックは前は大好きみたいだったのに、今回はあまり好きじゃないみたい。

獣医さん推奨のペットフードScience Hillsの犬猫フードは日本にもあると思います。

「シンプルな、ささみとかをあげてもいい」とも言われたので、ささみのミンチ(ちなみにこちらでは牛よりも高値!)を買ってきて、茹でたものをブロッコリーとあげてみたら、茹でている時からクンクンして、待てない様子!

最初はブロッコリーだけ放り出していましたが、結局全部完食!

ブロッコリー放り出している

私の最近のストレスを感じているのかな。犬ってよく飼い主さんのことをみてて、感じるから。

少し習ったレイキもやってみました。さきが元気ないと、本当に私も元気がなくなります。早く元気になって、ボール遊びも催促するいつものさきに戻ってほしい!

完食!

Since early this week, Saki is usually not well and having bad tummy. She doesn’t ask for a ball play when she gets bored at home. She is quiet…

She had the similar tummy problem when she first came to our house. It lasted for about a week. Then the vet prescribed her prebiotic paste and a specially made wet dog food by Hills Science. After 3 days or so, she go much better.

At that time she loved the prebiotic paste, but she doesn’t seem to enjoy it this time.

The vet also advised plain food such as chicken breast. I bought minced chicken, boiled it, mixed with boiled broccoli. When I was cooking she seemed very interested in it and kept sniffing. First she left broccoli out, but in the end she finished it all! A success!!

I tried to practice Reiki, on her, which I learnt a little bit. When Saki is not well, I am not feeling well. Is it because I am recently a little stressed about something?

I really wish she will become “normal” Saki soon!

ボーダーコリーさき③Saki the Border Collie

ボーダーコリーの魅力ー以前「賢さ」をあげましたが、今日はその2つ目の「フレンドリーさ」を紹介します。

さきのフレンドリーさは、子犬の頃、初めて散歩に連れて行った時から変わってません。どんなひとにも、犬にも「あいさつ」すべく、止まって愛想を振りまいていました。散歩はなかなか進まず。。。

子犬の頃は、ほとんどの子犬がそうであるように、愛くるしいに加え、そのフレンドリーな眼差しで、老若男女、全てのひとのハートを射止めましたよ。

14歳の息子は1日数回は、いたずらや粗い遊びをしてさきも「うー」っ唸ると気がありますが、決して怒ることなく、さきなりに、尊敬の意を表している!だって、息子がご飯をあげるとき、お椀に入れて、「マテ!」って言ったらずーっと待っている、健気なさきちゃん。

そんな様子に息子もメロメロです。ティーンエイジャーの年齢隣、機嫌が悪い様子を頻繁に見せる息子ですが、そんな時は、さきのそばききてキスしたり、抱き締めています。

そんな様子に私たちもとても癒されています。さきも、寝ているところを突然ぎゅっと抱きしめられたりで、嫌そうな顔ではありますが、決して怒らない、いつも温厚なさきちゃん。本当にありがとうね。

I mentioned “smartness” for the 1st characteristics for the Border Collie in my previous blog, 2nd one is it’s “friendliness”.

Saki’s friendliness hasn’t changed since she was puppy. (Although recently, we notice she likes human better than dogs!) When we first took her out for a walk, she used to greet every single dog & person!

Her lovely face (as most of the puppy dogs!) plus her friendly expression melted everyone’s hart!

Our 14 years old son often gives her some rough play and some mischievous thing, but Saki is very patient and she even shows her respect to him! For example, she waits forever when she is told to wait when my son puts her food in a bowl. How sweet of her!

My son, who is a teenager, often shows his frustration, then he comes to Saki to give her a cuddle and kisses.

We love ❤️ seeing this. For Saki, it must be quite frustrating as my son comes to cuddle her while she is at sleep, but she never gets angry. She has such warm hart. Thank you so much, Saki for your love to us 💕 .

ボーダーコリーさき③-Saki the Border Collie

前回、ボーダーコリーの特徴の1番目として、「賢さ」を挙げました。書いた後に、思い出しましたことがあります。

数年前、以前一緒に働いたことがある同僚が飼っていたボーダーコリーのことを話してくれました。彼女はシングルで一人暮らし、すっかりボーダーコリーは彼女の「子供」でした。

「Katie(彼女の犬の名前)はことばをよく知っているのよ。」と言い、彼女が撮ったビデオを見せてくれましたが、それを見てびっくり!その中では、靴、バッグ、服、などおそらく10種類ほどのものを置いてありました。彼女が「くつ」って言ったら、それをKatieちゃんが取りに行く姿がありました!びっくりしたのを思い出しました!

世界で一番ことばを理解するボーダーコリーは、100以上の単語を理解できる、とか。ボーダーコリーの賢さは証明されているんですね。

さて、うちのさきちゃんはどれぐらい覚えているだろうか。「ボール」「パーク」は大好きな単語ですごくよく反応します。最近おぼえた言葉に、「シャワー」があります!外で遊ぶのが大好きなさきですが、ビーチや雨の後のパークで思い切り遊んでどろんこになった時はどうしても洗わなければいけません。昨日、冬が明けて、暖かくなったので、早速ビーチで泳いでしまったさき!

帰ってきて、バスタブを聞いたら、いつものように緊張した様子。それまでは「シャワー」という単語は知らなかったと思います。

その夜、夫がからかって、先に「さき、シャワー?」というと、慌てて私の方に助けを求めてきました。さきちゃん、もう一つ単語を覚えたね!

Im my previous blog I introduced the first characteristic of Border Collie-they are smart. After that I remembered one thing.

A few years ago my work colleague and I were talking about dogs. She said to me, “my dog (border collie named Katie knows a lot of words.”. She showed me the video which surprised me a lot!

In the video, there were about 10 objects, such as shoe, bag, cloths etc. When my colleague said “shoe” to Katie, she went to fetch it without making any mistakes!

I have read new article which introduces about the Border Collie who identifies more than 100 words. Border Collie’s smartness is proven!

How many words does our Saki know? Not bad..she loves the words “ball” or “park” -she responds so well to these! However, she recently she learnt the word “shower”.

We noticed she doesn’t like being washed, but I don’t think she knew the word “shower”. Yesterday Saki had a swim in the sea first time after the winter was over.

She showed nervousness when she heard the water running to fill the bath tub.

That night, my husband teased her saying “would you like shower again”? Then she quickly ran to me to ask for my help! We all agreed Saki learnt a new word!

ボーダーコリーさき① Saki the Border Collie 1

8月終わりから逃走中のイブちゃんの捕獲活動は、まだまだ続きます。たくさんの方からご心配の声をかけて頂き感謝します。そしてずっと遠方より妹をサポートいただいている方がいらっしゃいます。本当に感謝です。時がくれば必ず妹の元に戻ってくる、と信じています。

今日は保護犬から少し離れますが、現在我が家で飼っている愛犬さきについて紹介します。

さきブリーダーで

さきはチョコレートカラーのボーダーコリー、2020年4月生まれ、1歳半になります。

私と夫が結婚した当時(16年前)、夫は2匹の犬を飼っていましたが、息子が生まれる前に2匹共に亡くなりました(老齢)。それ以来、ずっと犬を飼いたいと思っていながら、機会に恵まれませんでした。

昨年、コロナで夫も私も在宅勤務でほとんどを家で過ごすようになって、「犬を飼いたい。」気持ちがさらに強まりました!まずは、保護施設を隅から隅まで探しました。でもこの時期、そう感じていたのは私たちだけではないことにすぐに気づきました。どこの保護施設ももう犬は残っていない状態。(私たちはアパート暮らしなので、犬種も中型犬まで!)

Saki-1 week old

保護施設がダメなら、ブリーダー、と思い、中型犬を中心に、柴犬などのブリーダーも当たってみましたが、どこも今はいなくて、ウェイトリストに登録して下さい、とのこと。柴犬なんて、1匹7千ドルでした。ここまでして犬は欲しくなかったので、正直、諦めていました。

犬を探しているけど、難しい、と会社の同僚と話したところ、ボーダーコリーを飼っている彼女はブリーダーを紹介してくれました。

早速ダメもとで連絡をしたら、なんと!「昨日8匹生まれたのよ。どれがいい?」とすぐに写真を送ってくれました。まさかの答えに、「ボーダーコリーってアパートで大丈夫なのか。」と心配しましたが、以前飼っていたボーダーコリーミックスのアンガスと比べると小さいし、女の子であればサイズも小さい、賢い犬種だから、と判断し、決心しました。

目に止まったのは、茶色と白の女の子。ブリーダーさんは「チョコレートカラー」と呼び、その名前が気に入って、(適当に)この子でお願い!と選びました。

さきのお父さんウィスキー

先のお父さんとお母さんの写真を見ると、お父さんがさきと同じチョコレートと白色、お母さんは黒白のコートでした。調べると、ボーダーコリーの色は、他にも3色(黒、茶、白)やグレー、白、などさまざまで、大きさなども入れると30種類以上あるとか。

さきのお父さんの名前は「ウィスキー」だったので、それに倣って「さき」(=こちらの人はSake(日本酒)のことをSakiと発音します!)と名付けました。(続く)

I pause the report on Eve’s situation (the ex wild dog who ran away from my sister’s place since late August.) Although she hasn’t been reunited with my sister yet, we believe she will return when timing is right. Thank to everyone who has given us kind words and the person who has been helping my sister, Mimi.

I am introducing our beloved dog, Saki the Border Collie. Saki is a chocolate coloured female border collie, born in April 2020 (1.5 yrs old) .

Since my husband and I lost our last two dogs before my son was born (16 years ago), we have been missing having a dog, but we didn’t have a chance to welcome one.

Since COVID hit and we stayed at home due to lock down, we started thinking now is the time to welcome a dog. We searched firstly shelters, however, there was none available (we live in an apartment, so only middle size dog can be kept.).

Then I searched breeders, but they are all out of dogs and asked me to register our interest. The price was also ridiculously high. For example, average price for Shiba dog was AU$7,000!

We didn’t feel right to pay this much for a dog, so our hope was almost gone. However, when I was chatting with my work colleague, she suggested to contact the breeder where she got her border collie from.

Without any hope I contacted the breeder, and to my surprise, she said,” we just had 8 puppies yesterday, I am going to send photos, so you can choose which one you want.”

With this unexpected answer, we had to make our decision quickly, however, it didn’t take us long to say yes, please to the breeder. My husband told me that girl border collies should be smaller in size (unlike our last dog Angus, border collie mix), and they are smart dogs.

What we chose (they all looked the same, but we chose one!) was a brown coloured one. There were black & white ones, too but I like the way the breeder said the colour was “chocolate colour”.

The lady from the breeder sent us a photo of Saki’s father and mother. Her father had the same colour with Saki, chocolate & white and mother, black & white. I didn’t know until I studied more about border collies, that there are more than 30 type of border collies depending on colours and sizes. Since her father’s name was “Whisky”, we decided to name ours “Saki” (similar to Sake=Japanese drink, but it is actually popular Japanese girl’s name, means “flower blossom”. To be continued.