タグ別アーカイブ: 野犬も幸せになれる

イブちゃん絵本のヒロインに!Eve will be a heroin in a picture book

今週は、シロちゃんの無事確保の嬉しいニュース、の次にまたまたエキサイティングなことが起こりました!

なんと、妹のみちよが絵本を出版することになりました。

妹はもともと美術が好きで、過去にも絵本出版を試みたことがありましたが、その時には実現せず。ずっと「夢」となっていました。

私たちが師事する絵本作家でアニマルコミュニケーターの上田真里さんの計らいで、奇跡は起こりました!最近は保護犬、保護猫活動のため、さらにご活躍をされている真理さん!最近、Utsuwa出版さんを通して絵本出版のお手伝いをされています。昨年出版された彼女の最初の絵本「ぼくが生まれてきたのはね。」は今もたくさんの方から応援されています。(この絵本については過去のプログでも書いています。)もうすぐ、2冊目の絵本のペーパー版が出版される予定です。

テーマは野犬についてー一般に、まだまだ日本では純血種の犬が良い、とされています。野犬も純血種と同じくらい可愛い!野犬のよさを日本の多くの人に知ってもらいたい。というのが主な目的です。そして何よりも、今のみちよがいかにイブが加わったことにより、ハッピーとなったか、ということを伝えたい!

昨年6月イブちゃんの里親になった妹ですが、それからイブちゃんの逸走、捕獲、お散歩トレーニングを通して野犬のイブちゃんからは多くの学びがありました。

野犬については、もちろん暗い背景があります。野犬が日本中からいなくなるのが私たちが理想とする社会です。絵本では野犬たちの明るい未来のために、少しでも貢献することが出来たら、と願う気持ちでいっぱいです 💗

さらに、エキサイティングなことに、絵本には英訳も追加できることになっています!私も貢献することができ、本当に嬉しいです😃

絵本の進捗状況、これからもシェアしていきたいですが、私たちのインスタグラム、妹のFBからもご覧いただくことが出来ますので、サポートをよろしくお願いいたします。

上田真里さんインスタグラムはこちら

妹みちよと私のインスタグラムはこちら

みちよのFBはこちら

Following the great news on Shiro chan’s being safely saved last week, I would like to share another exciting news😊 that happened to us last week.

My sister, Mimi, (who is a foster parent of Eve, the ex feral dog, is going to publish her first picture book!

My sister, who loves painting, always wanted to publish picture book herself one day. In the past she tried, but her dream wasn’t realised.

Thanks to Mari Ueda, whom we call our mentor, and animal communicater &picture book author, this “dream” is going to come true. Mari has been working more tirelessly to support rescue dogs & cats recently. One of the works she is involved is to help people who wish to publish picture books after her first picture book “The reason I was born (Boku ga Umarete Kitanowa ne” was successfully launched and a second book is on its way.

The purpose of Mimi’s book is about feral dogs in Japan-they could be as lovely as other kinds of dogs (pure bred dogs)! In Japan pure bred types are still better considered.

Since Mimi became a foster parent of Eve, she learnt many things about feral dogs through the series of events of Eve’s running away, return and walking training.

Talking about feral dogs in Japan, in many cases, they are considered nuisance and treated badly, however, the focus in the book is their bright future as many people in Japan wish their happy life.

I am so glad as I can also contribute to the book by adding English in the book! How exciting😊.

We will continue to share the progress of the project. You can see them in the following instagram & FB.

Mari’s instagram-こちら

Mimi&my instagram (some posts have English) こちら

Mimi’s FB-こちら

Note: I used to translate the word “Yaken” as “wild dog” previously, however, I learnt it is not a correct translation. It should be translated as “feral dogs” because in Japan “Yaken” means the dogs who used to be owned by human as home dogs are abandoned and turned into feral.

動物保護総合センターHolistic Animal Rescue Centre

イブちゃんの無事捕獲の際、多大なお世話になったもっちさんには、今でもその後の様子など、イブちゃんが人間との生活に少しでも早く慣れるためにお世話になっています。

そのもっちさんもサポートする、動物保護施設のみさきアニマルスマイルさんが、クラウドファンディングを始めたとのことを聞き、その保護センターの活動を聞いた私と妹は早速シェアをしています。

現在日本に存在する動物保護センター。ほとんどは犬猫を保健所から引き取って里親さんを探し、譲渡をする、という活動をされています。みさきアニマルスマイルさんは、動物病院を併設するために改修工事を行なわれます。これにより、「引き取り、病院、里親さんへ出す前のトレーニング」が揃った理想の総合保護センターになることがとっても期待できます!

私は保護センターで働いた経験もないし、保護犬や保護猫と暮らした経験もありません。彼らとの関わりといえば、イブや保護猫のラッキーとハッピーのおば(!)であるぐらいです。ただ、日本のペット環境がとても遅れていることに関しては、本当になんとかしたいと思っています。

ラッキー(大きくなりました!)

だから本気で犬や猫のことを助けてあげたい、と活動する保護センターの方達、ボランティアさんのことを聞くとどうしてもじっとしていられません。

イブちゃん騒動の経験から、野犬の習性ーどうやって人間の生活に慣れせるか、人間はどうしたらいいのか、ということが、大きな課題であることを学びました。

みさきアニマルスマイルさんは、里親さんに譲渡する前に、しっかりとしたトレーニング(散歩等)その後のアフターケアもしっかりと責任を持ってくれています。

「保護、病院、トレーニング、アフターケア」の機能を持つ保護センターが日本にもっともっとできて、1匹でも多くの犬猫さんたちが人に幸せな時間を与えることができますように。

ラッキーと1週間前に家族になったハッピー

クラウドファンディングのリンクはこちらです。

After Eve returned to my sister’s house, Motchi san, who helped catching Eve, is still assisting Eve & my sister by constantly advising my sister on how to get Eve used to the life with people.

This week we heard one of the animal shelter in Kanagawa pref, called Misaki Animal Smileみさきアニマルスマイル, whom, Motchi san supports for their good care to the anmals, launched their crowdfunding.

There are many rescue shelters in Japan-majority are saving animals from the public centre and look for foster parents. Misaki Animal Smile is going to add animal hospital with their current facility. This makes it holisstic centre which, not only receiving and looking for parents, but also providing medical care, tranining (before the animals are fostered and after care”- an ideal rescue centre!

I cannot help but to do somthing when I hear about the people who work so hard to save animal’s life.

I wish there are many more rescue centres like Misaki Animal Smile in Japan for the happy life of both animals & people.

迷子犬イブ-Eve the missing dog

元野犬、保護犬のイブちゃんが実家の妹の元から逃げ出して2週間が経過しました。

その間、動物保護関係のFBグループの方から本当にたくさんのシェアをいただきました。おそらくトータルでシェアいただいたのは1,000人を超えています。SNSの強みをみに沁みて感じています。さまざまなアドバイスと励ましのお言葉をいただいて、感無量です。

SNSで繋がった、シェルターボランティアのご友人の方や、多くの近所の方のお手伝いに感謝いたします。

たくさんの目撃情報が妹の元に届き、妹も何度か現場に出向きましたが、やはり妹を見ると逃げてしまう結果に。

一人、東京に在住の方がわざわざ妹へコンタクトされて、その方(ここではMさんと言います。)の元野犬の行動に対する知識がとても深くて、本当にお世話になっているとのことです。私も早速インスタを通してお礼を言いつつ、Mさんの発信内容を見て、その知識の深さに驚きました。

野犬の習性上、とても重要となる、ダブルリードとダブルカラー(首輪)、どのブランドがいいか、どういう姿勢で散歩に臨むのか、とても役立つ情報が満載です。逸走する犬のほとんどはハーネスをしているとのことで、基本的にほとんどのハーネスは薦められていません。

Mさんのアドバイスにより、数カ所に餌場と、監視カメラを設置。早速、翌日、そこにイブちゃんの姿がありました。

見つかるまでサポートします、というMさんの温かいお言葉。遠く離れていて何もできない私たちは本当に心強いです。

Mさんのインスタからコピーです。ボラさん団体が元野犬を譲渡する場合、1。室内でも必ず係留 2。ダブル首輪とダブルリード 3。逸走防止にショルダーリード 4。脱走防止に玄関前にペットゲート を条件で譲渡すれば必ず迷子犬は減る。

イブちゃん探しの報告はまだ続けますね。

Two weeks have passed since Eve, ex wild and rescue dog ran away from my sister’s house in Gifu, Japan.

To date there have been so many people on the rescue pet related FB group, who shared our post. I think it is over 1,000 shares. We cannot help but feel the power of the social media and thank them so much for their useful advice.

Many people who connected via social media happen to live nearby, and neighbours have been supporting my sister.

My sister received many calls who saw Eve. However, sadly, Eve ran off whenever she saw my sister.

This week, my sister received a phone call from a gentleman (Mr. M) from Tokyo, who has been a great help to her since then. I also checked his instagram and feel impressed with his deep knowledge regarding wild dog behaviour.

For example, he shares his suggestions of the harness. It is so important for the ex wild dogs to have appropriate harness and collar when putting double lead & collar. He warns that most of the dogs who ran off had harnesses, so basically he doesn’t recommend putting a harness.

Based on his advice, food and security cameras were set up where my sister thinks Eve would be seen. Eve was seen in the camera the next day.

He says he is happily helping her until Eve returns. We in Australia, are feeling so helpless as we cannot do anything. We feel so thankful to him.

Here is a copy from M’s instagram. When shelters are giving away ex wold dogs, if these are made sure with the new owners, the number of the missing dogs would reduce. 1. Tie them even in the house. 2. Double lead and double collar 3. Put one lead over the shoulder 4. Put pet gate in front of the house entrance to protect them from running off.

This report on missing Eve is to be continued.