タグ別アーカイブ: 殺処分ゼロ

動物愛護週間

毎年9月20日から26日の期間は動物愛護週間です。日本にいる時の記憶は、小学校時代だったか、学校でポスターを見かけた程度で、私の中では知名度は低かった行事の一つです。

環境省が管轄しているこの行事。どんな行事が行われているのか、環境省のHPを見てみました。毎年恒例の動物愛護週間ポスター絵画デザインコンクールを始めとして、ペット写真コンテストなどがありますが、細かい行事は地方に任されている様子です。例えば、各県の動物愛護センターによる行事等。

気になったのは環境省のメイン行事として、オンラインシンポジウムというのが開催される予定です。9月25日(土)、オンライン、参加料無料だから、私も参加しようと思います!中央行事の詳細はこちら

先述のポスターコンクールなどの結果発表のほか、「ペットのこれから」「ペットとの関係を考える」等、専門分野の学識者によるパネルディスカッションが議題にあります。

今年は、動物管理法の改訂と段階施行、アマゾンジャパンと環境省との保護犬、保護猫譲渡サポートにおけるパートナーシップ提携等、大きな変化がありました。どんなディスカッションの内容になるのか、興味があります。

ちなみに、動物愛護週間は、ウィキペディアによると、「動物を愛し、動物と人間の絆を強めることを目的として定められた記念週間。アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したのが始まりとのこと。メインイベントとして、ユニバーサルスタジオとの協賛で協賛で、最も動物愛護に熱心な子供に「動物愛護キッズ賞」を贈呈する、とのこと。さすが、動物愛護大国アメリカ!

ペットと暮らす2021キャンペーン中。ポストカード手描き風ポストカード販売中です。ご購入はこちらhttps://www.creema.jp/item/12532396/detail

Annual event, “Be kind to animals week” is scheduled from 20 -26 September in Japan. It was one of the events that I rarely remember being involved, as all I remember is the poster which was displayed at primary school.

The event is organised by Japanese Ministry of the environment. I have checked what kind of events are organised. Apart from the main event, such as Animal protection promotional poster competition, each prefecture is responsible to organise their own events.

As a main event organised by the ministry, online symposium is scheduled on 25 Sept, which I can participate!

In this symposium, there will be some panel discussions by mainly academics with topics such as “Pets in the future”, “Relationships with pets”.

This year, there were several big news in relation to pets, for example, update in animal protection law, or just recently, the Japanese government (Ministry of the environment) and Amazon Japan announced their partnership with support to give/receipt of rescue dogs & cats. I am interested in what kind discussions it will be.

According to Wikipedia, the Be kind of animals week started in the US with the purpose of strengthening ties between animals and human in 1915. As a main event, with sponsorship with Universal Studio, the children who showed their passion of loving animals, will be awarded…a big animal loving country!

動物管理計画 Animal Management Plan

私たちが住むポートフィリップ自治区(ポートフィリップシティ)のカウンシル(市役所)から「Domestic Animal Management Plan 2022-25ー2022年から2025年ペット管理計画書」のドラフトができましたので、ご意見をお聞かせください、というメールが届きました。そういえば、さきを役所に登録した頃、2021までのペット管理計画が期限切れとなるので、次の計画書作成のために、アンケートに答えませんか、というメールがあったので、アンケートに答えていたのを思い出しました。

オーストラリアでは州によって動物保護、管理は任されています。ビクトリア州では「Domestic Animals Act 1994」に基づいて、各自治体がペット管理計画を作ります。

今回は、ポートフィリップ市1,700人の住民がアンケートに参加したそうです。ドラフトペット管理計画書は27ページに渡り、ペットオーナーさん、ペット(犬猫)の福利及び、犬猫が問題とならないようなコミュニティーの促進、そのために地方自治体がどのように法令を施行するかということを明記するのが目的です。

この地域に私たちが住み始めて20年以上が過ぎました。年々、犬の数が増えているような気がします。現在、登録ポートフィリップ市に登録されている犬、猫の数はおよそ犬猫合わせて10,000匹だそうです(ちなみに地域も全人口は約11万人)。

計画書には6つのテーマ(ペットオーナーの責任と教育、ドッグフレンドリーな公園と他のスペースのバランス、安楽死等)に渡る住民からのアンケートの結果に基づいたドラフト案が今どんな状態であるかのアップデートがびっしり書かれていました。

中でも注目したのは、捕獲された犬、猫が5年前とかなり減少しているとのこと。捕獲されたペットのうち、今年は94%の犬、84%の猫が約2日ほどで飼い主の元へ戻っているそうです。飼い主を見つけることができず、安楽死となった犬猫も激減しており、捕獲したペットのうち28%で、こちらも5年前と比べ半減だそうです。これは地域住民の強いサポートが理由だと思います。よく見かけるのが、地域住民がメンバーのFBグループで、「この犬がXXX歩いていますが、誰か知りませんが?」と誰かが投稿したかと思えば、そのすぐ後には「オーナーさん、見つかりました。」という投稿。このような住民のサポートのお陰で、道をさまよっている犬猫は滅多に見かけません。

オフリーシュパークはで犬が他の犬と遊ぶことで社交性を学べます。

報告によれば大部分の住民がドッグフレンドリーなスペースに満足しているとのことですが、中には大型犬と小型犬が別れたフェンス付きのオフリーシュ公園を希望されているオーナーさんもいらっしゃるようで、私から見れば、かなり贅沢な要求だな、と思います。

またペットの登録に関して、オンラインで登録できるように、また登録更新期限が近づいてきたら、リマインダーをメールや携帯に送って欲しい、との声もあり、これについてはすでにアクションしているそうで、オンラインになれば私も嬉しいです。

ポートフリップはアパートが多いエリアなので、思いっきり走れるスペースがあるのはありがたいです。

あと一点注目したのは、動物管理専門の職員はフルタイムで3人。この人たちがなんと2,700件(比率は1:3,000!)のペット関連のケースに対応しているとのことで、今後、更なるトレーニングや効率的な対処ができるようにしていくとのことです。今後、ペットの数が減ることはないと思いますので、ペットオーナーさんたちも迷惑をかけないようにしてほしいです。本当にご苦労様です!

オフリーシュビーチも広範囲に渡っています。

I received an email from Port Philip council where we live. The email asked to review the draft Domestic Animal Management Plan 2022-2025. I remembered I participated in the survey so the council could prepare a draft of the Domestic Animal Management Plan when we registered Saki at the council.

I read that approx. 1,700 residents completed the survey. The draft plan had 27 pages. The purpose of the Plan is to “provide Council with a strategic, balanced approach towards promotion of responsible pet ownership, the welfare of dogs and cats in the community and the protection of the community and the environment from nuisance dogs and cats.”

As I mentioned in my earlier blog, each state is responsible for Animal protection/management. Each local council is responsible to establish their Animal management plan based on “Domestic Animals Act 1994

As extra information, in Port Philip area about 10,000 dogs and cats are registered and over all human population is 110,000. We have been living in this area for more than 20 years and noticing more and more dogs and cats are living in this area.

The draft plan had updates for each action list of 6 themes, such as pet owner’s responsibility, balance of dog friendly parks and other spaces, euthanasia.

One of the items which grabbed my attention was the report that the number of the captured dogs and cats is reducing compared to 5 years ago. Of all the captured dogs and cats in 2020, approx. 94% of dogs and 84% cats were returned to their owners within about 2 days. Of these captured, about 28% were put down, but this number is a big reduction (50%) compared to 5 years ago. I feel this is due to the great support of the residents. For example, I am a member of the group FB which consists of the residents in our local area. I often see the post by some residents who ask ” I have this dog, do you know whose he/she is?” After the few mins, I go back to the FB and again I often see “the owner of the dog has been found.” It is great to see a great support within the community.

According to the report, majority of the pet owners are satidified with the dog friendly parks, however, some owners are requesting to have fenced off off leash parks for large and small dogs separately. To me this is such luxury request, as I come from Japan where off leash park is very rare.

Regarding pet registration, the coucil is already actioning so that it can be done on line and reminder email or message on the mobile phone is received. This is really good idea as we also wished it will be done via on line for the convenience.

Another thing I noticed was that there are only 3 full time staff who is responsible for handling the pet management work. Last year all 2,700 pet related matters (handling complaints etc) were responded by these 3 staff! (staff:pet ratio is 1:3,000!) They are planning to develop the staff’s training so that they can handle the cases more efficiently. i don’t think the number of pets in Port Philip is going to decline, so we as pet owner should take care of our pets so that we don’t bother the staff!

ドッグランーその2-Off lead park

以前のブログで、日本のドッグランとオーストラリア(メルボルン)の様子の違いについて書きました。

先日、動物関係のクラブハウスを覗きました。

米国や、イギリスもオーストラリアと同じく、それぞれの州や自治区で事情は違いますが、お話を聴いていて思ったのは、オーストラリアは一番、犬にとっては恵まれた環境だということです。英国やアメリカ在住経験の方は、それぞれの国には特に「オフリードパーク」と呼ばれる場所はなく、ただ、郊外の自然が多い環境だと、飼い主が自然に犬をオフリードにしている、とのことです。一方、オーストラリア在住の方が、(どこの州なのかは分かりません)、オーストラリアのオフリードパークやビーチのことをシェアすると、「アメリカもイギリスも、犬が喧嘩をして人を噛んだりするということが心配されているので、公にオフリードパークにするということはないのだろう。」ということをおっしゃっていました。

ほぼ毎日我が家の愛犬さき(15ヶ月ボーダーコリーメス)を連れて近所のオフリードパーク(ドッグラン)に連れて行きます。どこのパークにも必ず、写真のような案内があります。写真の6つの決まりは以下です。1飼い主は必ずリードを守って、必要であればリードをつけましょう。2(人間の)遊具、バーベキューやピクニックアリアがある位置から5メートル以内には近づかないように。3犬のうんちを始末するための袋は必ず携行し、袋はゴミ箱に入れましょう。4飼い主さんは必要な声やジェスチャーで犬を管理しましょう。5飼い主さんは他の犬や人にジャンプ、攻撃させないよう気をつけましょう。6生後3ヶ月経ったら、犬猫は自治体に登録するのが法律で義務付けられています。このルールに従わないと罰金が課せられることがあります、とも書いてあります。

私たちの経験から、大抵の飼い主さんはルールに従っています。従わない飼い主さんがいると、注意をしたりする方も見かけます。

また、犬も大抵はよくしつけされています。このような事情なので、自治体もオフリードパークを設置できますし、飼い主さんも安心してオフリードパークやビーチを利用できるのだと思います。最近はオーストラリアも都心はアパートも増え、私たちのような、アパートで犬を飼う人も多くいます。そのような環境の中で、オフリードパーク、ビーチは無くてはならないものです。

In my past blogs, I’ve written about the difference between dog off lead park in Australia (Melbourne) and a “dog run” in Japan.

Last week I visited the Clubhouse, an online showcase of guest speakers discussing themed topics. Those who live in England, USA and Australia discussed the off lead park in their countries. Those who live in England and USA both said there is no such thing called an “off lead park” for dogs in their countries and usually the dog owners take their dog’s lead off any way, where there are lots of nature and less people. They also said in their countries, dog bites had been an issue, so it is possible the council hesitates to make public dog off lead parks. Australian regulation is different from each council/state and when I heard this, I thought Australia has one of the best environments for dogs.

Almost every day, I walk with our dog Saki (15 months old female border collie) to one of many off lead parks in our neighbourhood. Every dog park has the sign which shows the rules within the park as shown in the photo. The rules say: 1. Dog owners must carry a lead or chain to restrain the dog, if required. 2. Dogs must not be within 5 meters of the children’s play area or BBQ or picnic area. 3. Dog owners must maintain effective voice or hand control within view of their dog at all times. 4. Dog owners must always carry a bag to collected their dog’s droppings. 5. The person responsible for the dog/s must not allow the dog to jump on chase or attack another person, dog or animals. 6. Pet owners are reminded that all dogs and cats over 3 months of age are required by law to be registered with their council. Penalties apply, if you don’t follow these rules.

From our view, most of the dog owners follow the rules. I have seen some dog owners have been told off by the others, as they stretch the boundary of acceptable behaviour.

In general, I think the dogs who are in the off lead park, are well trained and behaved. This is one of the reason why the councils are happy to make the off lead parks/beaches and dog owners feel safe about using them. Recently there are many dog owners (like us) who live in an apartment and not everyone in Australia live in a house with a big yard. For those dog & dog owners, off lead parks/beaches are essential for the dog’s wellness.

ペット大国日本?Growing love of pets for a lifetime

昨日の、アニマルレスキューMiki Japan の北村さんによる投稿。「繁殖リタイア犬二匹を保護、獣医さんでの健康診断など、様々な処置の後、迷子犬保護のため3日間待機の現場へ向かう。そこでは毎日6時間待機している。帰宅するのは深夜過ぎ。しかも日本の容赦ない夏の気温と蚊の大群に襲われながらという過酷な状況の中、「でも一刻も早く保護してあげたい。」という北村さんとスタッフの方には本当に頭が上がりません。

実際に、日本ではどれぐらいの数の犬猫が処分されているかという情報はこちらから得られます。それによると、犬猫の殺処分数は2009年には229,832匹、2019年では32,743匹、と10年で約86%の減少。劇的に減っていますが、まだ、年間犬5,635匹と27,108匹の猫が処分されています。

今年初め、犬猫の飼育業者(ブリーダー、ペットショップ)の数値規制(出産年齢、出産回数の規制、ケージの大きさなどを数字で規制)が法律化される、少し明るいニュースがありました。しかし、今年6月から施行される予定が、ペット関連業界から「規制に合わない多くのペットが施設に住めなくなる。」とし、3年遅らせるということになったようです。しかも具体的な「数値」は決まっていない、という何とも残念な結果になっています。

一方、海外はどうかというと、一番目を見張るのは、ドイツ。なんとドイツの殺処分はゼロとのこと!これか民間動物保護協会、ティアハイムが全国に500以上存在し、動物の保護、訓練活動を行っています。

どうしてこのようなことが日本はできないのか、とさらにリサーチしていたところ、見つけました!神奈川県は2013年、犬猫の殺処分ゼロを達成し、その年、焼却炉を除却したとのことです。どうやったら達成できたのか?ヒントはやはり、徹底した動物愛護精神の啓発活動と飼い主さんへの教育のようです。神奈川県動物保護協会のサイトはこちらです。

法律による規制と、それぞれの自治体(動物保護センター)による飼い主さんへの教育が整えば、日本の殺処分ゼロの社会は必ず達成できると信じています!

Yesterday I came across with the post by Ms.Kitamura at Animal Rescue Miki Japan, “During the day we rescued two retired dogs who use be used as breeding mums. After many hours at the Vet for health checks, we went on the hunt trying to catch for a 3rd day, an escaped dog from a foster family. We spent 6 hours until mid night when we decided to come home.” I’m amazed at their commitment doing this in a hot environment with lots of mosquitoes. However, she commented “Our only wish is to rescue the dog safely.” I cannot thank them enough for their devotion towards the animal rescue.

I wondered how many dogs and cats are killed in Japan. Based on the data in Government Reports, in 2009 a total number of dogs &cats killed is 229,832, and it was 32,743 (5,635 dogs and 27,108 cats) in 2019.

In June this year, a law was intended to be introduced, for breeders and pet shop owners to have a breeding restrictions. This would limit the age of the dogs/cats who have puppies/kittens, how many times they are allowed to breed, size of cage etc. However, due to some resistance raised by the current pet shop owners or breeders, the law is not going to be introduced at least until 2024. Also disappointedly, the “actual number” has not been decided.

On the other hand, what about the situation in overseas? The most outstanding country is Germany where no lost nor abandoned animal is killed. This is due to the strong support by Tier Heim, a privately owned animal protection group. Approx, 500 of them are located all over the country to protect and train animals.

I kept looking for more info to find why Japan cannot achieve what Germany has. Then I found out that Kanagawa ken Prefectural Animal Welfare Centre achieved no dog/cat killings in 2013. How did they achieve this? The tips is as you can imagine to educate the citizens on how to train the pets and promote the love to the animal.

By combining law enforcement and providing the education to pet owners, I believe Japan can achieve the society where all pet dogs & cats are nurtured and cared for by families.

こちらのオーガニックコットンのTシャツ、ただ今発売中です。売り上げの一部をアニマルシェルターさんに寄付しています。(画面をクリックいただきますと詳細がご覧いただけます。)

保護犬 イブちゃん Eve-The Rescue Dog

2021年6月27日、梅雨でジメジメした天候の中、岐阜の妹は保護犬イブを迎えました。その2週間前には自宅の裏庭で見つけた瀕死の子猫「ラッキー」を保護したばかりでした。

イブちゃんは山口県周南市の公園(聞いたところによると、そこには常に約2000匹もの捨て犬、野犬が存在しているそう。)で捕獲、保健所で二匹の子犬を産み、北村杏樹さん率いるNPOアニマルレスキューMiki Japan(愛知県三河安城所在)で数ヶ月親子共々お世話になっていました。ペットロスからようやく回復した妹は、以前より、このシェルターの活動に興味を持ち、保護犬を迎え入れたいと杏樹さんにコンタクトをしたところ、イブちゃんを勧められました。

悲しそうだけど優しい目をしているイブちゃん。

生まれてずっと野犬として育ったイブちゃん、杏樹さんのインスタライブで私もよく拝見していました。野犬のイメージとは異なり、とても穏やかで、その当時は自分の子犬に何をされてもされるがまま。とても透き通った、でも寂しい目が印象的でした。インスタライブが始まると、いつも200人近いViewerの参加があり、イブちゃんの幸せを願うメッセージが飛び交い、人気犬でした。でもスタッフのかたが散歩に行こうとすると、そのてこでも動かない様子に野犬とペットとして生活してきた犬との違いに驚きました。

岐阜の実家へ到着しても、キャリーケースからは出る様子なく、やっと出てくれたのは2日後とのこと。うんちもおしっこもしてくれたのは到着5日後。ご飯も妹の前では今でも食べようとはしないそうです。

「イブちゃんを引き取ったのは間違いだったかな。野生の方が良かったかな。」と心配そうな妹。どうなることやら。でもイブちゃん、二日前と比べると、もっと優しい目になってきているような。。

Eve- The rescue dog

On 27 June, a rainy & muggy day, Mimi (my sister) welcomed a rescue dog named Eve. This is only two weeks after a near dead stray kitten joined her life.

Eve was rescued and named by a local animal rescue centre led by Anjyu Kitamura 北村杏樹, from a public park in Yamaguchi prefecture. Apparently, around 2,000 strayed dogs always reside in that park. She was pregnant when she came to Ms. Kitamura’s shelter and soon after that had two puppies. Ms. Kitamura’s team looked after her for a few months. After Mimi’s gradual recovery from her pet loss, she was now ready and interested in rescue dogs. When Mimi contacted Ms. Kitamura at the shelter, she was attracted to Eve and encouraged to take her.

Eve was brought up in the wild. Both Mimi and I viewed her when Ms.Kitamura showed her on her live Instagram. She was “popular” dog for its calm personality. Her eyes were clear, but looking sad. Usually more than two hundred of people joined the live event and all their comments wished her happy life. After giving birth, all the times the staff tried to take her for a walk, she resisted. I’ve never known any dogs who don’t enjoy walking. I was very surprised to see the difference between pet dogs and wild dogs.

After arriving at Mimi’s house, she had no interest in coming out from her carrier case. It took her 5 days to do her first wee and poo, and again no interest in walking. She never ate in front of Mimi.

Mimi is worried about Eve, and if it was the right decision to keep her? She may have been happier in the wild? However, Eve’s eyes look more gentle compared to when she arrived at Mimi’s house. It now looks like she is warming to her new environment.