タグ別アーカイブ: 保護猫

動物愛護週間

毎年9月20日から26日の期間は動物愛護週間です。日本にいる時の記憶は、小学校時代だったか、学校でポスターを見かけた程度で、私の中では知名度は低かった行事の一つです。

環境省が管轄しているこの行事。どんな行事が行われているのか、環境省のHPを見てみました。毎年恒例の動物愛護週間ポスター絵画デザインコンクールを始めとして、ペット写真コンテストなどがありますが、細かい行事は地方に任されている様子です。例えば、各県の動物愛護センターによる行事等。

気になったのは環境省のメイン行事として、オンラインシンポジウムというのが開催される予定です。9月25日(土)、オンライン、参加料無料だから、私も参加しようと思います!中央行事の詳細はこちら

先述のポスターコンクールなどの結果発表のほか、「ペットのこれから」「ペットとの関係を考える」等、専門分野の学識者によるパネルディスカッションが議題にあります。

今年は、動物管理法の改訂と段階施行、アマゾンジャパンと環境省との保護犬、保護猫譲渡サポートにおけるパートナーシップ提携等、大きな変化がありました。どんなディスカッションの内容になるのか、興味があります。

ちなみに、動物愛護週間は、ウィキペディアによると、「動物を愛し、動物と人間の絆を強めることを目的として定められた記念週間。アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したのが始まりとのこと。メインイベントとして、ユニバーサルスタジオとの協賛で協賛で、最も動物愛護に熱心な子供に「動物愛護キッズ賞」を贈呈する、とのこと。さすが、動物愛護大国アメリカ!

ペットと暮らす2021キャンペーン中。ポストカード手描き風ポストカード販売中です。ご購入はこちらhttps://www.creema.jp/item/12532396/detail

Annual event, “Be kind to animals week” is scheduled from 20 -26 September in Japan. It was one of the events that I rarely remember being involved, as all I remember is the poster which was displayed at primary school.

The event is organised by Japanese Ministry of the environment. I have checked what kind of events are organised. Apart from the main event, such as Animal protection promotional poster competition, each prefecture is responsible to organise their own events.

As a main event organised by the ministry, online symposium is scheduled on 25 Sept, which I can participate!

In this symposium, there will be some panel discussions by mainly academics with topics such as “Pets in the future”, “Relationships with pets”.

This year, there were several big news in relation to pets, for example, update in animal protection law, or just recently, the Japanese government (Ministry of the environment) and Amazon Japan announced their partnership with support to give/receipt of rescue dogs & cats. I am interested in what kind discussions it will be.

According to Wikipedia, the Be kind of animals week started in the US with the purpose of strengthening ties between animals and human in 1915. As a main event, with sponsorship with Universal Studio, the children who showed their passion of loving animals, will be awarded…a big animal loving country!

コロナとペットCOVID&pet

先日、夫が「多くの犬や猫がメルボルンのシェルターに届けられつつある、というニュースを読んだ。」と言いました。「あー予想していた事態が起こってきた。」と悲しくなりました。

昨年、パンデミックが始まり、メルボルンも5月ごろから完全ロックダウンに入りました。夫も私も完全に在宅勤務となり、我が家の愛犬さきを迎え入れたのもこの頃でした。メルボルンのシェルターを隅々まで毎日毎日チェックしましたが、シェルターの保護犬は全て里親が決まり、空っぽだったのを覚えています。

そのニュース記事には、自ら10年前、いわゆる過度の心配性、問題行動を持ったケルピー犬を更生した経験を持つ、ある女性(ミーハンさん)が、昨年から、捨て犬の更生活動をサポートしているとのことです。

Ms Meehan with her Kelpie dog ミーハンさんとペットのケルピー犬

またメルボルンにある、RSPCAなどメジャーなシェルターから溢れ出た保護犬、猫を受け入れる団体の一つ、PET BARNの方によると、(この記事が書かれたのは6月)、ここ3ヶ月でオーストラリア全土にある150箇所のセンターに持ち込まれる犬、猫の数は200%の増加となっているそうです。多くのペットの年齢は1歳。

さらにCompanion Animal Networkのデータによれば、飼い主がペットをか会えなくなった主な理由は「問題行動、住居の賃貸問題や飼い主さんの家の家庭内暴力だそうです。コロナで夫婦が家で過ごす時間が多くなり、家庭内暴力、離婚率は増加した、というのも事実です。

コロナで夫婦とも失業し、どうしてもペットを諦めざるを得なくなってしまった家庭。コロナが落ち着いて、家族のメンバーは職場や学校へ戻り、ほとんどを家で一人で過ごすことになったペット。一人での時間を過ごすことに慣れない犬たちは、もちろん落ち着きがなくなり、吠えるなどの行動を起こします。このような犬たちには、クレートトレーニングを通し、安全だと犬たちが思えるスペースを作り、習慣づけをすることが大切だと前述のミーハンさんは言います。

Australian Animal Protection Societyの方のお話によれば、このような悲しい事態の中、一つコロナがもたらした「良い」ことというのは、多くシニアの年齢の方達がペットを欲しがっている、ということ。このような方達は旅行ができないため、おうちでペットと過ごせる時間が多く取れるので、里親としては優先順位のトップにいらっしゃるそうです。このような方たちがペットに癒されながら、ハッピーに生活できることは一石二鳥でとても素晴らしいことです。

さて、我が家のさきちゃんも正真正銘「コロナ犬」。一人でのお留守番の時間を徐々に長くしたり、他人に頼んだりしてポストコロナの生活に慣れさせるようにしています。さきはなんとも思っていないようですが、私が犬離れしていないかな。

The other day, my husband said to me, ” I read a news article about more and more dogs and cats being brought in to the shelter in Melbourne.” It made me sad as I thought it was what was expected to come.

Since COIVID-19 pandemic started last year, Melbourne went into hard lock down. Both my husband & I have been working from home and my son has also been studying at home since June last year. This is when we started looking for a pet dog, however, we found it difficult to find it, as all dog shelters were empty.

In the news article, there was a story about a lady , called Ms Meehan, who has experienced rehabilitating her pet dog about 10 years ago, is now helping with the dogs with high level of anxieties and badly behaved dogs since last year.

Also according to PET BARN, which accepts overflow dogs and cats from the rescue organisations such as RSPCA, they have seen a 200% increase of the abandoned pets in the past 3 months at their 150 centres all over Australia (the news article was issued in June 2021). Most of the pets are around 1 year old.ま

Further, the data collected from the shelters by Companion Animal Network, the most common reasons for abandoning pets are pet’s bad behaviour, rental issues and domestic violence. I also hear the domestic violence and divorce rate increased during the pandemic.

There are many couples who, due to the loss of job and income, had to abandon their dog. As COVID is settled, many house hold members go back to their work and their dogs are left alone at home. The the dogs, who are not used to be alone at home, they become restless and start showing bad behaviours, such as unnecessary barking. Ms. Meehan says it is important to train these dogs by creating safe space, such as crate, and by making routines.

According to Australian Animal Protection Society, there is one bright side that COVID brought, that is, an increase in older Australians, who would otherwise travel, want a pet. Those people don’t have work commitments and can spend a lot of time with their pet, which make s it ideal pet owner. This is a win win situation for both the pet and its owner, as the pet would look after the owner’s mental health and both can have a happy life!

Our Saki is also one of those “Corona” dogs. We are gradually getting her used to the new life by making her stay at home alone for longer time or leaving her with someone else. Saki seems fine with this, but I am the one who misses her the most!