タグ別アーカイブ: 保護犬を家族に

セラピードッグを知っていますか?(Do you know therapy dog?)

「ラルフ」というタイトルの実存したセラピードッグの本を何年か前に思い出しました。

犬(ペット)は人間を精神的に癒すことができる、と言うことはすでに知られています。

「ラルフ」の舞台はオーストラリア、メルボルン。ラルフと言うジャイアントシュナウザーは心優しいカップルと四人の子供の家族に引き取られました。

引き取られて当初は問題犬(吠えることが多い)でしたが、みんなに愛され、特に子供たちの毎朝の登校に付き合うたびに校門で生徒みんなに撫でられ、とても可愛がられました。

そんなある日、Royal Melbourne Show(オーストラリアの農産物の毎年開催される展覧会)で「セラピードッグ」の素質を認められたのでした。

Ralf & Caroline(ラルフと里親のキャロラインさん)

それから、5年間、メルボルンの王立子供病院でセラピードッグとして活躍。里親のお母さんであるキャロラインさんとともに多くの入院中の子供たちを励まし、勇気づけてきました。

A few years ago I read a book titled “Ralf”, it is based on the true story of Ralf, the therapy dog.

It is now well known that dogs (pet) can heal the human mentally.

In Melbourne, Australia, a Giant Schunauser, named Ralf joined the family of a couple with 4 children, who had a very kind hart.

Ralf was rather a problematic dog with constant barking, however, he gradually became a loving dog surrounded by a kind harted people, especially he was loved by school children.

One day, Ralf’s talent as a therapy dog was found at the Royal Melbouren Show. Since then he & Caroline (foster mother) visited Royal Children Hospital for 5 years during this period Ralf heeled and encouraged many sick children.

愛犬が逸走したらできること①(When your beloved dog goes missing.)

2021年も終わりに近づいてきました。今年は実家のイブちゃんの逸走事件があって、そのおかげで、さまざまな学びがあった年となりました。元野犬のイブに対する見ず知らずの人たちからの愛情がこんなに深いなんて、と家族みんなで感動しました。

12月になり、インスタグラムを通してシェアされる迷子犬が(気のせいかもしれませんが)多くなってきているような気がします。

イブちゃんを捕獲してくれたもっちさんに伺ってみたところ、確かに12月は迷子犬情報の投稿が多いそうです。やっぱり飼い主さん、気持ちも忙しくなって散歩で気を抜くことがあるのが理由なのかしら。

自分には起こらない、という風に考えずに気を引き締めていても、愛犬の逸走は突然起こります。そんな時、どうしたらいいのか。私たちの経験をシェアしますね。

「犬」が迷子になったらできること(「最初の文字「犬」が抜けています)

ポスターは私たちは印刷屋さんに依頼して新聞に入れてもらったので、1,000枚ポスターを印刷しました。

地元の役所と保健センターは繋がっていますので、どちらかに連絡すれば大丈夫。

実家は田舎なので獣医さんの中にはメールで対応できないところがありました。「ポスターを持ってきていただいたら置いておきます。」と言われました。

地元の人たちから目撃情報も多くいただきましたが、この時初めてSNSの力を知らされました。インスタグラムを見て、「近くに住んでいるからお手伝いします。」「同じ保護施設の犬の里親です」という方達からサポートいただき、多くの見ず知らずの方に「こうしたらいい」というヒントを提供いただき、何をしていいのか、パニックの私たち(私たち家族はオーストラリア在住なので遠隔サポートしかできません!)はとても励まされました。

ひとつ、その時に知った、そして知っておくとよかったと思うのが、「迷子犬掲示板」maigo_dogというNPO団体さんです。インスタ、 Facebookに何万人ものフォロワーさんがいらっしゃって、「全国版」に知らせるとその地方版の掲示板に拡散されます。以下、ご参考ください。

ますます寒さが厳しくなっていく日本です。1匹でも多くの迷子犬たちが一刻も早く保護されて暖かいお家で年を越せるように心からお祈りしています。

インスタグラムも始めました、どうぞよろしくお願いします。全ての保護犬猫、野犬野良猫と飼い主さんの幸せな生活を微力ですが、サポートします。

2021 is almost over. This year, inparticular with the incident of our beloved Eve -the ex wild dog went missing from my sister’s house in Japan, there are many learnings. We were all impressed and overwhelmed by the people who we didn’t know, but provided great love to Eve & us.

I have noticed in December, there are more and more dogs posted on Instagram as “missing”. Not sure if this is just me who feels this way.

The super guy called Motch san, who caught Eve also said there are more missing dogs than other momths. The possible reason is due to the people feeling busy and are not paying attention to their dog.

Even though the dog owner is careful, dog decides to run off and this unfortunately happens. I am sharing our experience of what can be done when your dog goes missing.

Firstly, make & print posters to distribute as many neghbours as possible. My sister asked the printing company as she printed almost 1,000 posters.

Secondly, report to your local rescue animal centre (or council-either is fine as they are related.) We also contacted local vet, post office, super markets, convenience shops.

As our house is located in countrytown, some vets told us they wanted us to bring the printed poster (not via email).

There were many neghbours who reported they sighted Eve, however, at the same time, this the first time we realised how powerful the social madia is. As soon as we posted on Instagram and Facebook, many people shared the news and we received a message from some people who say “they live nearby, so they want to help.”, or my dog is from the same rescue center.” We received many tips on what to do. This really helped us staying calm and encouraged.

One thing we thought was very helpful was the social madia (instagram ) called “Maigo_ken”, which is an NPO group who has many followers. Once a missing dog is reporte to them, they post on their instagram or FB page. If you use the hashtag Maigo_Dog on your instagram they also picks it and share the missing dog info to their followers.

It is getting colder and colder day by day in Japan. I cannot wish enough all missing dogs in Japan will be saved and reunited to their family as soon as possible by the end of this year.

保護犬イブー24日目Day 24 with Eve

今日妹がインスタで「イブちゃんやっとうんちをしてくれた。」と報告しました。

6月24日にNPOアニマルシェルターMiki Japanから妹が迎え入れて以来、妹とイブちゃんの様子を毎日聴いています。

まず、1週間経過してもおしっこ、うんちしない。食べ物は妹がいる前では食べない。これを聞いた私はギョッとしましたが、妹曰く、シェルターの預かりさんの話によると、そんなの当たり前だそう。

さらにもっと驚きなのは、散歩に行かない。ケージから出ない。2日目にやっとケージから出てくれた時はほっとしました。

先週末(14日目)には、朝早くから部屋のドアをかじって、脱走未遂。「もうだめだ」と思った妹は、シェルターに車を走らせていました。でもその後、シェルターの杏樹さんにアドバイスを聞き、やっぱり、脱走しようとするのは野犬の習性だから、とにかく鎖でつないで逃げないようにすることが重要だとのことです。可哀想、と思いますが、また野生に戻ったら、せっかく助かった命が台無しです!

排泄をしたのはこの24日間でたったの2回。ひたすら心配した妹ですが、今朝、7月8日以来、初めてのうんち!おしっこは7月10日以来にしてくれて、とても喜んでいました。(写真は排泄後のイブちゃん、ちょっと顔がハッピーそう。気持ちいいんだね!)

興味深いことにイブちゃんはそれ以前もうんちはトイレシートの上でしましたが、シートを折り畳んで、隠す習性も。野犬は自分の匂いを寝る場所には絶対につけないそうです。匂いをつけたら天敵に命を狙われるから。

脱走未遂事件以来、「私が軽率だった。」と自信を無くしていた妹も今日は少しハッピーだったようで安心しました。

保護犬イブちゃんや保護猫ラッキーとの生活の様子はここでも時々シェアしていきますが、妹のMychatomomoにて応援をお願いします!

今日妹がインスタで「イブちゃんやっとうんちをしてくれた。」と報告しました。

大きなうんちした後で気持ちいいね!
Eve after her big poo

I have been following my sister Mimi and her rescue dog Eve, since she welcomed her on the 24 June from the animal shelter.

There are many things that surprised us. Firstly, Eve didn’t do her first wee or poo for a week. Eve never eats when Mimi is around her. According to the shelter staff, it is quite normal, Mimi says.

Further more, Eve never shows her interest in going for a walk. Mimi felt relieved when Eve left her carrier case after 2 days.

Last weekend (Day 14), Eve chewed the door in a house, trying to escape! Mimi, feeling at a loss, was driving to return Eve to the shelter where she came from. However, after she spoke with Ms. Kitamura, founder of the shelter, she calmed down. Ms. Kitamura’s advice was it is important to tie Eve with chain all the time to avoid her escape. We feel it is sad doing this, but understand escaping is a typical habit of wild dogs.

This morning, after 14 days without a poo, she did the great second one! Also she held her wee for 12 days. Mimi was very worried about her but sounds very happy now. (The photo was after Eve did a big poo! She looks happier!)

Interestingly she covered her poo too. We learnt wild dogs usually avoid to leave their body smell where they sleep to protect from being attacked.

After the near escape incident, Mimi lost confident and was quite stressed and worried, feeling “It may have been better I didn’t take Eve.” I was relieved to see her a little happier today.

I am going to share how Eve and Lucky (a wild kitten) are doing with Mimi in this blog. You check out how they are doing, and support Mimi by checking her instagram Mychatomomo.