タグ別アーカイブ: ドッグラン

動物管理計画 Animal Management Plan

私たちが住むポートフィリップ自治区(ポートフィリップシティ)のカウンシル(市役所)から「Domestic Animal Management Plan 2022-25ー2022年から2025年ペット管理計画書」のドラフトができましたので、ご意見をお聞かせください、というメールが届きました。そういえば、さきを役所に登録した頃、2021までのペット管理計画が期限切れとなるので、次の計画書作成のために、アンケートに答えませんか、というメールがあったので、アンケートに答えていたのを思い出しました。

オーストラリアでは州によって動物保護、管理は任されています。ビクトリア州では「Domestic Animals Act 1994」に基づいて、各自治体がペット管理計画を作ります。

今回は、ポートフィリップ市1,700人の住民がアンケートに参加したそうです。ドラフトペット管理計画書は27ページに渡り、ペットオーナーさん、ペット(犬猫)の福利及び、犬猫が問題とならないようなコミュニティーの促進、そのために地方自治体がどのように法令を施行するかということを明記するのが目的です。

この地域に私たちが住み始めて20年以上が過ぎました。年々、犬の数が増えているような気がします。現在、登録ポートフィリップ市に登録されている犬、猫の数はおよそ犬猫合わせて10,000匹だそうです(ちなみに地域も全人口は約11万人)。

計画書には6つのテーマ(ペットオーナーの責任と教育、ドッグフレンドリーな公園と他のスペースのバランス、安楽死等)に渡る住民からのアンケートの結果に基づいたドラフト案が今どんな状態であるかのアップデートがびっしり書かれていました。

中でも注目したのは、捕獲された犬、猫が5年前とかなり減少しているとのこと。捕獲されたペットのうち、今年は94%の犬、84%の猫が約2日ほどで飼い主の元へ戻っているそうです。飼い主を見つけることができず、安楽死となった犬猫も激減しており、捕獲したペットのうち28%で、こちらも5年前と比べ半減だそうです。これは地域住民の強いサポートが理由だと思います。よく見かけるのが、地域住民がメンバーのFBグループで、「この犬がXXX歩いていますが、誰か知りませんが?」と誰かが投稿したかと思えば、そのすぐ後には「オーナーさん、見つかりました。」という投稿。このような住民のサポートのお陰で、道をさまよっている犬猫は滅多に見かけません。

オフリーシュパークはで犬が他の犬と遊ぶことで社交性を学べます。

報告によれば大部分の住民がドッグフレンドリーなスペースに満足しているとのことですが、中には大型犬と小型犬が別れたフェンス付きのオフリーシュ公園を希望されているオーナーさんもいらっしゃるようで、私から見れば、かなり贅沢な要求だな、と思います。

またペットの登録に関して、オンラインで登録できるように、また登録更新期限が近づいてきたら、リマインダーをメールや携帯に送って欲しい、との声もあり、これについてはすでにアクションしているそうで、オンラインになれば私も嬉しいです。

ポートフリップはアパートが多いエリアなので、思いっきり走れるスペースがあるのはありがたいです。

あと一点注目したのは、動物管理専門の職員はフルタイムで3人。この人たちがなんと2,700件(比率は1:3,000!)のペット関連のケースに対応しているとのことで、今後、更なるトレーニングや効率的な対処ができるようにしていくとのことです。今後、ペットの数が減ることはないと思いますので、ペットオーナーさんたちも迷惑をかけないようにしてほしいです。本当にご苦労様です!

オフリーシュビーチも広範囲に渡っています。

I received an email from Port Philip council where we live. The email asked to review the draft Domestic Animal Management Plan 2022-2025. I remembered I participated in the survey so the council could prepare a draft of the Domestic Animal Management Plan when we registered Saki at the council.

I read that approx. 1,700 residents completed the survey. The draft plan had 27 pages. The purpose of the Plan is to “provide Council with a strategic, balanced approach towards promotion of responsible pet ownership, the welfare of dogs and cats in the community and the protection of the community and the environment from nuisance dogs and cats.”

As I mentioned in my earlier blog, each state is responsible for Animal protection/management. Each local council is responsible to establish their Animal management plan based on “Domestic Animals Act 1994

As extra information, in Port Philip area about 10,000 dogs and cats are registered and over all human population is 110,000. We have been living in this area for more than 20 years and noticing more and more dogs and cats are living in this area.

The draft plan had updates for each action list of 6 themes, such as pet owner’s responsibility, balance of dog friendly parks and other spaces, euthanasia.

One of the items which grabbed my attention was the report that the number of the captured dogs and cats is reducing compared to 5 years ago. Of all the captured dogs and cats in 2020, approx. 94% of dogs and 84% cats were returned to their owners within about 2 days. Of these captured, about 28% were put down, but this number is a big reduction (50%) compared to 5 years ago. I feel this is due to the great support of the residents. For example, I am a member of the group FB which consists of the residents in our local area. I often see the post by some residents who ask ” I have this dog, do you know whose he/she is?” After the few mins, I go back to the FB and again I often see “the owner of the dog has been found.” It is great to see a great support within the community.

According to the report, majority of the pet owners are satidified with the dog friendly parks, however, some owners are requesting to have fenced off off leash parks for large and small dogs separately. To me this is such luxury request, as I come from Japan where off leash park is very rare.

Regarding pet registration, the coucil is already actioning so that it can be done on line and reminder email or message on the mobile phone is received. This is really good idea as we also wished it will be done via on line for the convenience.

Another thing I noticed was that there are only 3 full time staff who is responsible for handling the pet management work. Last year all 2,700 pet related matters (handling complaints etc) were responded by these 3 staff! (staff:pet ratio is 1:3,000!) They are planning to develop the staff’s training so that they can handle the cases more efficiently. i don’t think the number of pets in Port Philip is going to decline, so we as pet owner should take care of our pets so that we don’t bother the staff!

ドッグラン Off lead Park

メルボルンは今日でロックダウン3日に入りました。もう5度目なので、もう慣れたものです。犬たちは多くの飼い主さんが在宅勤務を強制されるので大喜びです。我が家のさきも去年のロックダウン中に迎えたので、ずっと私たちとべったりの「コロナ犬」です。

外出も自宅から5km圏以内、エクササイズ(犬との散歩)は2時間以内制限されます。ありがたいことに、メルボルンには大抵、どこの郊外にも「オフリーシュ」パークがあり、犬たちにとっては、飼い主さんとたくさんの時間を過ごすことができます!そして、パークだけではなく、オフリーシュが許されるビーチも多数あります。

最近、うちからたったの4キロ程の場所にとても素敵なオフリーシュパークCruikshank Parkを見つけました (写真)。パークやビーチによっては、オフリーシュが許される時間や季節(ビーチは夏季中は早朝や夜のみなど)が決まっています。ですから、わざわざ「ドッグラン」を作る必要はありません。

ちょっと調べたところ、日本は「オフリードパーク」というのは「ドッグラン」と呼ばれているみたいですが、どちらかというと、わざわざ人口的なものが多いようで、自然の公園で犬が駆け回れる、という環境ではないようです。それでも、岐阜の実家のあたりには見かけたことがありません。実家は田舎なので、広大な土地はあっても、「公園」と呼べる施設は無に等しいです。日本の実家へ帰る度、「日本のわんちゃんは可哀想。」という思いで一杯です。

「オフリード」公園が日本にももっとできてくれたら、飼い主さんもワンちゃんも退屈さから脱出、他のわんちゃんや飼い主さんとの社交の場ができてハッピー=捨て犬対策にもなると思います。もしもこのアイデアについて問い合わせをしたら、お役所の方の反応はいかがなものでしょうか?

“Dog run”

Melbourne has gone in to its 3rd day of the short circuit lock down. This is our 5th lockdown! Dogs are happier because many owners are forced to work from home. Saki (our dog) joined us during the dock down last year, she is used to the house where we are always with her.

During lockdown, we are permitted to travel within 5km from our house. Thankfully we have many off- lead parks and even beaches in that range. We can spend up to 2 hours a day for exercise. There is no need for “dog run” in Australia. Recently we are luckily to find this lovely off lead park called Cruikshank Park, with a loverly creek running down the centre (photo). Depending on the park/beach, there are restricted times/seasons when off leash is permitted.

However, in Japan, the concept of off leash park is limited to “dog runs”. In many cases, these are different to the ones in Australia. Majority of them have a bland industrial feel. My hometown (Gifu) is located in the country and there are so much more nature. However, I don’t know any good looking parks to walk, for dogs to socialise and to play.

I always feel sorry for dogs in Japan as it is near impossible for dogs to run around, leaving them bored and creating more anxiety for the owners. The pets, and owners, would be happier with less stress and greater relationships. I wonder how the councils would respond to the idea of more nice play areas, to reduce abandoned dogs?