タグ別アーカイブ: アニマルレスキュー

マイクロチップ装着 Getting pet microchipped

春らしく良い天気に恵まれた日曜日の朝、久しぶりにさきに会いたいという友人と散歩中でした。妹から「イブちゃんが今逃げてしまった。」という連絡を受けました。妹は早速イブちゃんを引き取ったアニマルシェルターMiki Japanの北村さんやいつもお世話になっている上田さんに連絡し、まず、警察へ届け出、広告を作って、近所の人から協力を得る、ことからアクションするとのこと。不安ですが、すぐにアドバイスをいただける方達がいて感謝です。区長さんもさっそく探しに行ってくださったそうです。

こんな時に、遠くに住むことに苛立ちを覚えますが、私も何かしなくては、と、散歩から帰り、広告を作って自治体の保健センター、県の動物愛護センター、役場へメールで広告を送りました。そして、最近Joinした保護犬、保護猫の里親さんのFBページ、そしてもうひとつのグループでシェアをお願いしました。それから30分ほど経った時、「Miki Japanの里親さんという方から連絡がありました。「近くに住む友人がこれから探しに手伝いに行きます。」と。せっかくの日曜日になんて親切人たちがいるのでしょう。妹に伝えると、感動でまた泣いていた様子。

妹の家の家族になって8週間、散歩も慣れてきたイブちゃん。

もしも犬や猫が迷子になったり、迷子になってるペットを見つけたら、こちらでは、まず、近くの動物病院に連絡を入れます。オーストラリアではペットにマイクルチップを装着させるのはすでに義務化されています。動物病院はマイクロチップを読み取る機械で、ペットの飼い主の連絡先を得ることができます。また各自治体へペットを登録することも義務なので、大抵の確率でペットは飼い主の元に戻ります。

ああ、マイクロチップを入れていたら。。。確か、日本でも義務化がされると前に聞いたことがある、ということを思い出しました。以前のプログで、少し触れましたが、2019年動物愛護法が改正され、徐々に実施が行われています。(詳しい改正点の説明はこちら

もう一度調べると、マイクロチップ装着の義務化は、2022年6月からという情報がありました。しかも、これは動物愛護法段階的なステップの最後の段階とのことです。それによると、ブリーダーには義務化となりますが、保護団体から譲渡された犬、猫に関しては「努力義務」とのこと。これにはすぐに疑問が湧いてきます。保護犬について少しでも知識のある人はすぐにお気づきだと思いますが、逃げるのはダントツ、イブちゃんのような、過去野犬が多いはずです。

大好きだった美味しいご飯食べに帰ってきてね。

自治体がマイクロチップにかかる費用をカバーすることはできないのでしょうか。マイクロチップはVETで装着してもらい、その後飼い主が指定登録管理会社へ登録をし、そこで飼い主さんの詳細を含むペットのIDが登録されるというのが、手続きの流れとなっているそうです。うーん、なんだか面倒くさそうです。オーストラリアのように、登録は自治体が行うようにすれば、もっと簡単にやりやすくなるのでは?と思います。ちなみに、オーストラリアでは、自治体にペットを登録するのにかかる費用ですが、去勢していると特別に安くなります。

さらに、夫が「Apple社がAir Tagという商品を出しているよ。」と教えてくれました。調べたら、メリットデメリットはあるようですが、GPSとしてとてもいい機能を持っているようです。イブちゃんが帰ってきたら、ちゃんと装着して、今回のことが起こらないように、早速購入して送ります。イブちゃん、早く、無事で帰ってきて、美味しいご飯食べようね。と強く祈っています。

SNSでも助けを求めています。

A lovely spring day in Melbourne. When I was walking with my friend who wanted to see Saki after a while, I received a call from my sister in Japan. She told me Eve (ex rescue dog, she came to me sister’s about 8 weeks ago.) ran off. She told me she contacted the founder of the shelter where Eve came from and will report to the local police (unfortunately, in Japan pet is treated as an ‘object”, then will make a poster (missing dog) to ask for the neighbours.

My husband & I felt so useless as we live so far away from her. However, I couldn’t stop from doing something from here and emailed the the local council, public animal shelter and prefectural (Gifu ken) animal shelter to ask for their help. Further, I posted the poster on the FB group (foster parents group and another pet group in Japan and asked for their help by sharing the poster. About 3o mins later, one of the foster parents who read my FB post contacted me, “my friend who lives nearby says she/he will come to look for Eve!” I was so moved by such kindness of these people!. My sister sounded being in tears to hear it.

In Australia, we would contact the local vet, if our dog goes missing or found a pet on the street. Having a microchip in pets are compulsory in Australia. Also to register pets is also a must, so most of the missing pets return to their owners in Australia.

I feel so disappointed…What if Eve had a microchip…. I remembered the revised Animal protection law in 2019 (I mentioned about this in my past blog) had something about getting the microchipped for the pet will be a law. I checked again and found out it will be become legal for all breeders to get microchipped.

However, all revision of the Animal protection law is implemented gradually, and the microchip is to be launched at the last stage. It is not going to be legal until Jun 2022. Further, all breeders must get the pets microchipped at the vet, but this doesn’t apply for the pets that come from shelters. They are only encouraged to get microchipped.I feel this is strange, because like Eve’s case the dogs/cats that come from shelters tend to escape and be missing, and they need microchipped.

I wonder if each council covers the cost of the microchip for the pets that come from shelter. Also I noticed that the pet owners are required to register their pet to the company which manages the registration . It is doubtful how easy the process is going to be. I wonder if each council manages the pet registration like Australia. Also in Australia the cost to get the pet microchipped is much cheaper, if they are de-sexed.

My husband told me about Air tag by Apple. There are positives and negatives about this product, but it is worthwhile having it on Eve to use as a GPS. I am going to purchase one for Eve so that she can carry it when she returns.

ペット大国日本?Growing love of pets for a lifetime

昨日の、アニマルレスキューMiki Japan の北村さんによる投稿。「繁殖リタイア犬二匹を保護、獣医さんでの健康診断など、様々な処置の後、迷子犬保護のため3日間待機の現場へ向かう。そこでは毎日6時間待機している。帰宅するのは深夜過ぎ。しかも日本の容赦ない夏の気温と蚊の大群に襲われながらという過酷な状況の中、「でも一刻も早く保護してあげたい。」という北村さんとスタッフの方には本当に頭が上がりません。

実際に、日本ではどれぐらいの数の犬猫が処分されているかという情報はこちらから得られます。それによると、犬猫の殺処分数は2009年には229,832匹、2019年では32,743匹、と10年で約86%の減少。劇的に減っていますが、まだ、年間犬5,635匹と27,108匹の猫が処分されています。

今年初め、犬猫の飼育業者(ブリーダー、ペットショップ)の数値規制(出産年齢、出産回数の規制、ケージの大きさなどを数字で規制)が法律化される、少し明るいニュースがありました。しかし、今年6月から施行される予定が、ペット関連業界から「規制に合わない多くのペットが施設に住めなくなる。」とし、3年遅らせるということになったようです。しかも具体的な「数値」は決まっていない、という何とも残念な結果になっています。

一方、海外はどうかというと、一番目を見張るのは、ドイツ。なんとドイツの殺処分はゼロとのこと!これか民間動物保護協会、ティアハイムが全国に500以上存在し、動物の保護、訓練活動を行っています。

どうしてこのようなことが日本はできないのか、とさらにリサーチしていたところ、見つけました!神奈川県は2013年、犬猫の殺処分ゼロを達成し、その年、焼却炉を除却したとのことです。どうやったら達成できたのか?ヒントはやはり、徹底した動物愛護精神の啓発活動と飼い主さんへの教育のようです。神奈川県動物保護協会のサイトはこちらです。

法律による規制と、それぞれの自治体(動物保護センター)による飼い主さんへの教育が整えば、日本の殺処分ゼロの社会は必ず達成できると信じています!

Yesterday I came across with the post by Ms.Kitamura at Animal Rescue Miki Japan, “During the day we rescued two retired dogs who use be used as breeding mums. After many hours at the Vet for health checks, we went on the hunt trying to catch for a 3rd day, an escaped dog from a foster family. We spent 6 hours until mid night when we decided to come home.” I’m amazed at their commitment doing this in a hot environment with lots of mosquitoes. However, she commented “Our only wish is to rescue the dog safely.” I cannot thank them enough for their devotion towards the animal rescue.

I wondered how many dogs and cats are killed in Japan. Based on the data in Government Reports, in 2009 a total number of dogs &cats killed is 229,832, and it was 32,743 (5,635 dogs and 27,108 cats) in 2019.

In June this year, a law was intended to be introduced, for breeders and pet shop owners to have a breeding restrictions. This would limit the age of the dogs/cats who have puppies/kittens, how many times they are allowed to breed, size of cage etc. However, due to some resistance raised by the current pet shop owners or breeders, the law is not going to be introduced at least until 2024. Also disappointedly, the “actual number” has not been decided.

On the other hand, what about the situation in overseas? The most outstanding country is Germany where no lost nor abandoned animal is killed. This is due to the strong support by Tier Heim, a privately owned animal protection group. Approx, 500 of them are located all over the country to protect and train animals.

I kept looking for more info to find why Japan cannot achieve what Germany has. Then I found out that Kanagawa ken Prefectural Animal Welfare Centre achieved no dog/cat killings in 2013. How did they achieve this? The tips is as you can imagine to educate the citizens on how to train the pets and promote the love to the animal.

By combining law enforcement and providing the education to pet owners, I believe Japan can achieve the society where all pet dogs & cats are nurtured and cared for by families.

こちらのオーガニックコットンのTシャツ、ただ今発売中です。売り上げの一部をアニマルシェルターさんに寄付しています。(画面をクリックいただきますと詳細がご覧いただけます。)

保護犬 イブちゃん Eve-The Rescue Dog

2021年6月27日、梅雨でジメジメした天候の中、岐阜の妹は保護犬イブを迎えました。その2週間前には自宅の裏庭で見つけた瀕死の子猫「ラッキー」を保護したばかりでした。

イブちゃんは山口県周南市の公園(聞いたところによると、そこには常に約2000匹もの捨て犬、野犬が存在しているそう。)で捕獲、保健所で二匹の子犬を産み、北村杏樹さん率いるNPOアニマルレスキューMiki Japan(愛知県三河安城所在)で数ヶ月親子共々お世話になっていました。ペットロスからようやく回復した妹は、以前より、このシェルターの活動に興味を持ち、保護犬を迎え入れたいと杏樹さんにコンタクトをしたところ、イブちゃんを勧められました。

悲しそうだけど優しい目をしているイブちゃん。

生まれてずっと野犬として育ったイブちゃん、杏樹さんのインスタライブで私もよく拝見していました。野犬のイメージとは異なり、とても穏やかで、その当時は自分の子犬に何をされてもされるがまま。とても透き通った、でも寂しい目が印象的でした。インスタライブが始まると、いつも200人近いViewerの参加があり、イブちゃんの幸せを願うメッセージが飛び交い、人気犬でした。でもスタッフのかたが散歩に行こうとすると、そのてこでも動かない様子に野犬とペットとして生活してきた犬との違いに驚きました。

岐阜の実家へ到着しても、キャリーケースからは出る様子なく、やっと出てくれたのは2日後とのこと。うんちもおしっこもしてくれたのは到着5日後。ご飯も妹の前では今でも食べようとはしないそうです。

「イブちゃんを引き取ったのは間違いだったかな。野生の方が良かったかな。」と心配そうな妹。どうなることやら。でもイブちゃん、二日前と比べると、もっと優しい目になってきているような。。

Eve- The rescue dog

On 27 June, a rainy & muggy day, Mimi (my sister) welcomed a rescue dog named Eve. This is only two weeks after a near dead stray kitten joined her life.

Eve was rescued and named by a local animal rescue centre led by Anjyu Kitamura 北村杏樹, from a public park in Yamaguchi prefecture. Apparently, around 2,000 strayed dogs always reside in that park. She was pregnant when she came to Ms. Kitamura’s shelter and soon after that had two puppies. Ms. Kitamura’s team looked after her for a few months. After Mimi’s gradual recovery from her pet loss, she was now ready and interested in rescue dogs. When Mimi contacted Ms. Kitamura at the shelter, she was attracted to Eve and encouraged to take her.

Eve was brought up in the wild. Both Mimi and I viewed her when Ms.Kitamura showed her on her live Instagram. She was “popular” dog for its calm personality. Her eyes were clear, but looking sad. Usually more than two hundred of people joined the live event and all their comments wished her happy life. After giving birth, all the times the staff tried to take her for a walk, she resisted. I’ve never known any dogs who don’t enjoy walking. I was very surprised to see the difference between pet dogs and wild dogs.

After arriving at Mimi’s house, she had no interest in coming out from her carrier case. It took her 5 days to do her first wee and poo, and again no interest in walking. She never ate in front of Mimi.

Mimi is worried about Eve, and if it was the right decision to keep her? She may have been happier in the wild? However, Eve’s eyes look more gentle compared to when she arrived at Mimi’s house. It now looks like she is warming to her new environment.