タグ別アーカイブ: アニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーターハイジさんからの学びAnimal Communicator Heidi

日本でもテレビ番組に出演されたことで有名なハイジさん(本名はHeidi Wrightさん)の講義に参加しました。

3時間の予定が4時間近く、ハイジさんの動物に対する情熱に、私もその他30名の受講者の方たちは、すっかり魅了されていました。

他の活躍される多くのアニマルコミュニケーターさんがそうであるように、子供のある時期から動物のいうことがわかるようになったというハイジさん。「特別な能力を持った人しかできないのでは。」と思われがちですが、決してでそうではなくて、アニマルコミュニケーションは誰にでもできる!ということです。これは現在、私がアニマルソールヒーリングを教えていただいている、うえだまりさんも、そう言われます。

今回のハイジさんの講義でも、最初にそれを強調されていましたが、その(誰にでもACは可能という)理由としては、私たち人間も、例えば、「ここは心地がいい」とか、逆に「なんとなくこの部屋は雰囲気が悪いな。」とか本能的に感じる時が(人によって差はあるにしても)ありますよね。または、五感を使って危険やその場の雰囲気を感じ取ったりします。そして、「この人つまらなそうだ。」「期限悪いのかな」って見た目でわかる時もある。これが「野生の」本能。そして現代の人間は、元々野生動物が持つ「感じる能力、本能」が失われてしまっています。

ハイジさんの講義で、改めて思い知らされたことがあります(これは最近よく思っていたことなのですが!)ー動物とコミュニケーションをするには、自分の健康、精神もベストな状態でいないといけない。そのためには、ネガティブなマインドを避ける(ニュースを見ない、聴かないということを実践する)、瞑想をし、日々の小さなことにでも感謝を怠らず、全ての動物、自然に敬意を示ことが大切。

まだまだ私は未熟すぎますが、「野生の精神」を取り返し、動物と人の両方が豊かで幸せな生活を送れるような社会に近づくように、貢献したい、と改めて強く思いました。

I had an opportunity to participate in the seminar session which was conducted by Heidi, a well known Animal Communicator (AC) in many countries, including Japan.

As the other 30 participants, I was attracted to her passion towards animals during the session, which was almost 4 hours.

As the other many ACs in Japan, Heidi started having a special skill to understand what animals are saying. Therefore it is often misunderstood and we think only those who have a special skill are able to communicate wth animals. However, this is a myth and Heidi says all human beings are able to communicate with animals.

For example, we have instincts “this place feels comfortable” or “I feel he and she are not getting along well’. We use our 6 sense, just like animals do to avoid danger. It is believed human beings used to have this enhanced instinct that (wild) animal have, but over the time this was lost.

There are lots of things I learnt in the session, but most of all, it has made me feel that it is important to keep ourselves healthy physically and mentally to communicate with animals by having a “wild animal” instinct! To do so she recommends avoiding a negative mind (by not listening to reading news), practice meditation, be thankful to even the smallest things in your life, respect animals and nature.

I am still far from being able to communicate with animals! However, I would like to practice what I learnt from Heidi, to achieve a happy and rich society where animal and people blend.

アニマルコミュニケーション②animal communication 2

クラブハウスで繋がったもう一人の素敵な方、上田真理さん。土曜日夜8時(日本時間)、「ワンニャン相談室」のモデレーターをされています。

そのハウスでは、ペットのわんちゃん、猫ちゃんのことで何か心配事や、相談事がある参加者の方々が、自分の写真を真理さん(とても可愛らしい方なので、「上田さん」というよりも「真理さん」とついつい呼んでしまいます!)に見てもらい、、真理さんが実際にコミュニケーションを行って、どんなことを考えているのか、または考えていたのか(すでに旅立ったペットの場合)アドバイスをされます。

ある日のクラブハウスで、「体が不自由にも関わらず、すごくいい子で何にもわがまま言わないけど、本当に幸せなの?」と、長い間車椅子生活の老犬のオーナーさんが相談をされました。「〇〇ちゃんは、すごく幸せですよ。お母さんが心配されるのすごく心配だって言ってます!」と真理さん。それから、そのオーナーさんは安堵のためか、しばらく涙されていました。真理さんの優しく、丁寧で的確なアドバイスに、参加者はどんどん惹かれていきます。

6月25日に、真理さんの絵本「ぼくが生まれてきたのはね」がアマゾンから発売されました。ペットロスで悲しむ飼い主さんへのメッセージ。イラストも言葉もとてもシンプルですが、とても強い余韻が残ります。涙が止まらないけれど、でもなんとなく微笑ましい、とっても魅力的な絵本です。

産まれて間もない、瀕死の野良猫を発見して、どうしようかと途方に暮れた妹が真理さんにメッセージをしたところ、とても親切アドバイスを返していただき、本当に感謝しています。

ご自身も大変な愛猫家で、「保護っ子クラブ」という保護猫、犬をサポートするグループも最近、立ち上げられたとのことで、私たちも何かサポートできればと思っています。飼い主さん達の不安を解消して、捨てられる命がゼロになる日がすぐに来ますように!

Animal communicator 2

Another lovely person, who I connected via clubhouse, is Mari Ueda 上田真理さん。She has been a moderator of the house, named “Woof/Meow consultation room” from 8pm (Japan time) every Saturday.

In that house the participants who have any concerns or anything they would like to consult with about their pet(s), show their pet’s photo. Mari then communicates with them and passes on their message (what they are thinking / they were thinking (in case the pets already died) to the pet owner.

One day, a lady consulted with Mari, “my old dog has been in a wheelchair for a long time, but she never seems unhappy, rather I am worried about her if she is okay.” Mari, after spoke with her dog, advised her, “your dog told me she is very happy. I am worried about my mum (her owner) , because she looks worried.” She (the dog owner) was crying for a while after this, maybe because she felt relieved. All participants are attracted to Mari’s gentle, polite and precise advice.

On 25 June Mari’s picture book “The reason I was born.” was published via Amazon「ぼくが生まれてきたのはね」. Mari sends her message to whom are mentally suffering from pet loss. The book contains very simple illustrations and words, but it leaves strong aftertaste. I couldn’t stop crying but can still smile while reading, such a lovely book.

When Mimi (my sister) happened to find a near dead stray kitten in front of her house, she felt at a loss and asked Mari her advice. Mari kindly advised her on what to do. We feel so thankful for her kindness.

Mari herself a cat lover. She also recently established “Hogokko (Rescue animals) club” which aims to promote support to the rescue animals. We are very keen to be involved and help. We wish a day will come when there will be zero abandoned animals by eliminating all concerns and helping worried pet owners.

アニマルコミュニケーション①animal communication-1

今年5月頃、「動物保護に興味がある人が必ず見つかるよ!」と偶然再開した職場の友人がクラブハウスに誘ってくれました。お互いに会社を辞めて以来、10年以上音信がなかった彼女でしたが、自分が心から楽しめる「使命」を見つけた、と、とてもきらきらしてました。それまではクラブハウスって、耳にしたことはありましたが、私には縁のないものだと思っていました。が、なんとなく気になって、せっかく招待もしてもらったので、チェックしてみることにしました。

手当たり次第に、「ペット大好き」「動物愛好家集合」など、たくさんのハウスを訪問しましたが、その中で、とても素敵なお二人との繋がりに恵まれました。

お一人目はアニマルコミュニケーターの真由美さん。ご本人の、アフリカでの体験から、アニマルコミュニケーターとして、動物、植物を含む自然界が訴えるメッセージ、動物たちが何を考えているのか、その方法を学ぶことで、心が豊かになれることを発信されています。

妹と私の突然のコンタクトにも関わらず、真由美さんの講座を少し体験させていただくという貴重な機会をいただきました。。そこでは、動物たちは、常にテレパシーを出していて(感触、匂い、音など)それらが、どうやったら受け取れるようになるのかについて学びました。また、自然との共存なしでは人間は生きていられない、という、忘れてしまいがちなことを改めて考えさせられました。

この時代、「SDG=Sustainable Development Goal (持続可能な開発目標)」が大小問わず、世界中の多くの企業で、競って目標として掲げられています。自然、動物を大切にする、というシンプルなことを実行することで達成できると思いますが、目標到達には時間がかかるのかな。いつかのクラブハウスで、真由美さんがおっしゃっていましたが、アメリカではアニマルコミュニケーター、という職業が確立されているそうです。日本ではまだ新しい、アニマルコミュニケーター。もっと広まって欲しいです。

アニマルコミュニケーター真由美さんのウェブサイトはこちら

Animal Communication -1

In May I met with my friend whom I hadn’t caught up for a long time and talked about my passion with the rescue dogs. She recommended I joined the “Clubhouse” and she invited me to join. I had heard of Clubhouse, but usually I am not attracted by this kind of “trendy” things. However, I decided to check it out, because my friend kindly invited me.

After I visited to several Houses such as ” Pet lovers room” or ” Animal lovers club” etc, I was luckily connected to two lovely people.

The first person is Animal Communicator, Mayumi san真由美さん。Since she first experienced communicating with nature in Africa, Mayumi has been sending her message what animals and nature is telling and that human beings can have happy life by learning the method on communicating with them.

Mayumi kindly offered Mimi & I a trial session of her animal communication course. We learnt about how animal/nature sends their message via telepathy (touch, smell, sound etc), and how we can catch those. Mayumi’s session also made us realise that human beings cannot live without co exist with nature.

Today, SDG=Sustainable Development Goal is becoming the big “goal” for many companies, large and small globally. I think this goal can be achieved by doing simple thing- showing respect to nature and animals, however, it is expected to take longer. According to Mayumi, Animal communicator is an established job in the USA. I hope in the future, this will be expanded more in Japan.