カテゴリー別アーカイブ: 野犬

5月28日をもちまして、新しいウェブサイトへ移動します。As of 28 May 2022, we are going to move to the new website.

Thank you so much for your support with my blog. As of 28 May 2022, due to the move to our new website, you can review my blog in https://www.myhappipet.com/ On the new website (most part is translated in English), we enhance it so that it is much easier to communicate to each other. We will provide update on our picture book project which will be published in August this year. Thank you so much for your continuous support to us!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。5月28日をもちまして、新しいウェブサイトへ移動となります。新ウェブサイトはこちらです。8月末に出版予定の絵本プロジェクト、商品情報の掲載、皆様との交流がより深まるサイトとなるよう努めております。引き続き、ご支援を頂けますと大変嬉しいです。

イブちゃん絵本のヒロインに!Eve will be a heroin in a picture book

今週は、シロちゃんの無事確保の嬉しいニュース、の次にまたまたエキサイティングなことが起こりました!

なんと、妹のみちよが絵本を出版することになりました。

妹はもともと美術が好きで、過去にも絵本出版を試みたことがありましたが、その時には実現せず。ずっと「夢」となっていました。

私たちが師事する絵本作家でアニマルコミュニケーターの上田真里さんの計らいで、奇跡は起こりました!最近は保護犬、保護猫活動のため、さらにご活躍をされている真理さん!最近、Utsuwa出版さんを通して絵本出版のお手伝いをされています。昨年出版された彼女の最初の絵本「ぼくが生まれてきたのはね。」は今もたくさんの方から応援されています。(この絵本については過去のプログでも書いています。)もうすぐ、2冊目の絵本のペーパー版が出版される予定です。

テーマは野犬についてー一般に、まだまだ日本では純血種の犬が良い、とされています。野犬も純血種と同じくらい可愛い!野犬のよさを日本の多くの人に知ってもらいたい。というのが主な目的です。そして何よりも、今のみちよがいかにイブが加わったことにより、ハッピーとなったか、ということを伝えたい!

昨年6月イブちゃんの里親になった妹ですが、それからイブちゃんの逸走、捕獲、お散歩トレーニングを通して野犬のイブちゃんからは多くの学びがありました。

野犬については、もちろん暗い背景があります。野犬が日本中からいなくなるのが私たちが理想とする社会です。絵本では野犬たちの明るい未来のために、少しでも貢献することが出来たら、と願う気持ちでいっぱいです 💗

さらに、エキサイティングなことに、絵本には英訳も追加できることになっています!私も貢献することができ、本当に嬉しいです😃

絵本の進捗状況、これからもシェアしていきたいですが、私たちのインスタグラム、妹のFBからもご覧いただくことが出来ますので、サポートをよろしくお願いいたします。

上田真里さんインスタグラムはこちら

妹みちよと私のインスタグラムはこちら

みちよのFBはこちら

Following the great news on Shiro chan’s being safely saved last week, I would like to share another exciting news😊 that happened to us last week.

My sister, Mimi, (who is a foster parent of Eve, the ex feral dog, is going to publish her first picture book!

My sister, who loves painting, always wanted to publish picture book herself one day. In the past she tried, but her dream wasn’t realised.

Thanks to Mari Ueda, whom we call our mentor, and animal communicater &picture book author, this “dream” is going to come true. Mari has been working more tirelessly to support rescue dogs & cats recently. One of the works she is involved is to help people who wish to publish picture books after her first picture book “The reason I was born (Boku ga Umarete Kitanowa ne” was successfully launched and a second book is on its way.

The purpose of Mimi’s book is about feral dogs in Japan-they could be as lovely as other kinds of dogs (pure bred dogs)! In Japan pure bred types are still better considered.

Since Mimi became a foster parent of Eve, she learnt many things about feral dogs through the series of events of Eve’s running away, return and walking training.

Talking about feral dogs in Japan, in many cases, they are considered nuisance and treated badly, however, the focus in the book is their bright future as many people in Japan wish their happy life.

I am so glad as I can also contribute to the book by adding English in the book! How exciting😊.

We will continue to share the progress of the project. You can see them in the following instagram & FB.

Mari’s instagram-こちら

Mimi&my instagram (some posts have English) こちら

Mimi’s FB-こちら

Note: I used to translate the word “Yaken” as “wild dog” previously, however, I learnt it is not a correct translation. It should be translated as “feral dogs” because in Japan “Yaken” means the dogs who used to be owned by human as home dogs are abandoned and turned into feral.

食パン犬シロちゃん!Shiro chan, the bread loving dog!

昨日(1月15日)は朝から嬉しいニュースがあり、1日中とてもハッピーでした。

妹の元野犬イブ捕獲時にお世話になった、もっちさんから、「野犬のシロちゃん無事捕獲!」というメッセージ💗

年始早々、1匹の迷子犬の捕獲時に、もっちさんが、「次は食パン犬のシロちゃんです。もうすぐできそうです。」と言っていたので、それ以来、ずっと気になっていました。

お肉より、食パンが大好きで、捕獲網の中に恐る恐る入っては食パンを取って逃げていく姿が、すごく可愛くて(ごめんね、シロちゃん!)、最近は食パンを見れば、シロちゃんのことを思い出していました。

実はこのシロちゃん、もっちさんのお話によれば、迷子犬ではなくて、ずっと野犬(おばあちゃんの大体そう。)でしたが、1年前から、ある(心ある)方が「捕獲して一緒に暮らしたい’」とのことでずっと給餌していたそう。でも捕獲ができず、もっちさんのところへ相談が行ったそうです。

今回も、もっちさんのお手柄には脱帽です。

シロちゃんがいる栃木県ーここにも野犬がいる。。。一体日本全国で「野犬」と呼ばれる犬はどれぐらい存在するのか。Googleしても、今のところ、はっきりとわかりません。

今日はもっちさんは、シロちゃんのシャンプーとお散歩トレーニングでまた栃木へ。本当にお疲れ様です。。。としか言えなくて、申し訳ない気持ちです。

人間と暮らすのは初めてのシロちゃん、美味しい食パンをオーストラリアから送りたい気分です。お散歩トレーニング、がんばってね。

心優しいシロちゃんのご家族の方、ありがとうございます😊きっとシロちゃんと幸せな時間を過ごせる日が来ますね💗

シロちゃん捕獲直後 Shiro chan after being caught

Yesterday (15 Jan) I had a happy day with happy news😊.

Motchi san (who helped when Even sent missing) messaged me “Shiro chan has been caught!”.

In new years when I was chatting with Motich san about a dog who he caught then, he said to me “Next one is going to be Shiro chan, the bread loving dog!”. Since then I was always thinking about this wild dog.

I have seen Shiro chan, coming to grab a slice of bread and quickly ran away. He looked so nervous every time he dropped by. Since then I always thought about him when I was eating bread!🍞 ! He prefers bread to meat, what an interesting dog!

According to Motchi san, Shiro chan is not a missing dog. He has been living in a wild since birth (his grand mum and parents were also wild dogs!) However, a kind hearted family wanted to have him in their family and tried to catch him for a year with no success, so asked for Motchi san’s help. Well done again, Motchi san😄👍

I didn’t know there are still dogs living in wild in Tochigi prefecture where Shiro chan lives. i tried to look for how many wild dogs exist in Japan.

Today Motchi san returned all the way to Tochigi prefecture to look after Shiro kun & his new family with walk training. What an effort❤️.

Good luck to Shiro chan to settle in to his new life with people! It is not bad, you can have as much bread as you can!

Thank you so much to his new family for your super kindness and decision to live with ex wold dog. You will have a happy life together with Shiro chan❤️.

アニマルソールヒーリングー1月の学び

今月の学びはペットの「行動心理について」

まず犬と猫は基本的に好きなことと苦手なことが違います。

犬は元々群れで生活する動物で孤独を嫌います、そして家族(人間の家族も!)が仲良くないと精神的に落ち込むそうです。犬の下痢が続く時は、もしかしたら家庭内での問題を気遣っているのかも!

猫は、特に環境の変化に敏感で、キャットフードを変える時も時間がかかるとのこと。一緒に学んでいる妹の家の元野良ちゃんは、離乳の頃、元野犬イブちゃん捕獲のために仕掛けた餌のビーフをよく(その当時はまだ野良猫だったので)食べに来たそうで、未だにキャットフードを受けつかないとか。ビーフに徐々にキャットフードを混ぜるなどすればそのうち大丈夫になるでしょうが、本当に敏感なんですね。

「嫌いな状態」が続くと、当然、ストレスとなりますので注意が必要ですね。これは人間も同じ!

ストレスが続くと、落ち着きがない、破壊行動、などいつもと違った行動を起こします。人間だって、イライラしたり、怒鳴ったり、するように。

ペットさんたちは、ことばの代わりに常に私たちに感情のシグナルを送っています。観察してあげるのが大切ですね。

そして、その環境が良いかの判断は、その動物が好きなことができる環境かどうか(例:猫の場合はジャンプができる環境か、犬の場合は外に出てしっかり散歩、運動ができているかなど)を考えると自ずとわかってきますね。

Feeling nice & cool on the cool mat 冷却シートで気持ちいい?

Today’s learning was about dog & cat’s behaviour and what they are thinking.

Firstly, we all know that what dogs and cats like to do or dislike to do are different.

Dogs originally live as a pack, so they dislike being alone. Also we learnt they tend to feel stressed when they have issues with their family (members- including their human family!) Dogs often suffer from diarrhoea, when they have family issues!

It is known that cats are sensitive to change of their environment. This is why it is taking a long time for my sister’s cat to start eating cat food. This (my sister’s) cat used to eat cooked beef as a kitten because she used to be a stray cat and used to come to my sister’s place, as that time my sister’s dog ran away and my sister used to use cooked beef to catch the dog (ex-wild dog, Eve!) . The tip for the cat to get used to the cat food is to mix it gradually with the beef!

When pets are constantly under the condition where they have to put up with what they dislike, of course they fee stressed! (just like we human does!)

We can see if the pets are feeling stressed- for example, they start breaking items in the house etc, just like we become unsettled etc!

Pets send you signals what they are thinking/how they are feeling, for example, the most well known signal of dogs when they are happy is wagging their tails! but there are so many other behaviours to show their emotion.

If you are not sure whether or not the environment is good for your pet, you can find the answer by checking again what kind of things dogs/cats like to do and dislike to do👍

愛犬が逸走したらできること①(When your beloved dog goes missing.)

2021年も終わりに近づいてきました。今年は実家のイブちゃんの逸走事件があって、そのおかげで、さまざまな学びがあった年となりました。元野犬のイブに対する見ず知らずの人たちからの愛情がこんなに深いなんて、と家族みんなで感動しました。

12月になり、インスタグラムを通してシェアされる迷子犬が(気のせいかもしれませんが)多くなってきているような気がします。

イブちゃんを捕獲してくれたもっちさんに伺ってみたところ、確かに12月は迷子犬情報の投稿が多いそうです。やっぱり飼い主さん、気持ちも忙しくなって散歩で気を抜くことがあるのが理由なのかしら。

自分には起こらない、という風に考えずに気を引き締めていても、愛犬の逸走は突然起こります。そんな時、どうしたらいいのか。私たちの経験をシェアしますね。

「犬」が迷子になったらできること(「最初の文字「犬」が抜けています)

ポスターは私たちは印刷屋さんに依頼して新聞に入れてもらったので、1,000枚ポスターを印刷しました。

地元の役所と保健センターは繋がっていますので、どちらかに連絡すれば大丈夫。

実家は田舎なので獣医さんの中にはメールで対応できないところがありました。「ポスターを持ってきていただいたら置いておきます。」と言われました。

地元の人たちから目撃情報も多くいただきましたが、この時初めてSNSの力を知らされました。インスタグラムを見て、「近くに住んでいるからお手伝いします。」「同じ保護施設の犬の里親です」という方達からサポートいただき、多くの見ず知らずの方に「こうしたらいい」というヒントを提供いただき、何をしていいのか、パニックの私たち(私たち家族はオーストラリア在住なので遠隔サポートしかできません!)はとても励まされました。

ひとつ、その時に知った、そして知っておくとよかったと思うのが、「迷子犬掲示板」maigo_dogというNPO団体さんです。インスタ、 Facebookに何万人ものフォロワーさんがいらっしゃって、「全国版」に知らせるとその地方版の掲示板に拡散されます。以下、ご参考ください。

ますます寒さが厳しくなっていく日本です。1匹でも多くの迷子犬たちが一刻も早く保護されて暖かいお家で年を越せるように心からお祈りしています。

インスタグラムも始めました、どうぞよろしくお願いします。全ての保護犬猫、野犬野良猫と飼い主さんの幸せな生活を微力ですが、サポートします。

2021 is almost over. This year, inparticular with the incident of our beloved Eve -the ex wild dog went missing from my sister’s house in Japan, there are many learnings. We were all impressed and overwhelmed by the people who we didn’t know, but provided great love to Eve & us.

I have noticed in December, there are more and more dogs posted on Instagram as “missing”. Not sure if this is just me who feels this way.

The super guy called Motch san, who caught Eve also said there are more missing dogs than other momths. The possible reason is due to the people feeling busy and are not paying attention to their dog.

Even though the dog owner is careful, dog decides to run off and this unfortunately happens. I am sharing our experience of what can be done when your dog goes missing.

Firstly, make & print posters to distribute as many neghbours as possible. My sister asked the printing company as she printed almost 1,000 posters.

Secondly, report to your local rescue animal centre (or council-either is fine as they are related.) We also contacted local vet, post office, super markets, convenience shops.

As our house is located in countrytown, some vets told us they wanted us to bring the printed poster (not via email).

There were many neghbours who reported they sighted Eve, however, at the same time, this the first time we realised how powerful the social madia is. As soon as we posted on Instagram and Facebook, many people shared the news and we received a message from some people who say “they live nearby, so they want to help.”, or my dog is from the same rescue center.” We received many tips on what to do. This really helped us staying calm and encouraged.

One thing we thought was very helpful was the social madia (instagram ) called “Maigo_ken”, which is an NPO group who has many followers. Once a missing dog is reporte to them, they post on their instagram or FB page. If you use the hashtag Maigo_Dog on your instagram they also picks it and share the missing dog info to their followers.

It is getting colder and colder day by day in Japan. I cannot wish enough all missing dogs in Japan will be saved and reunited to their family as soon as possible by the end of this year.

イブちゃんが教えてくれたこと(What Eve taught us)

イブが妹の元へ帰って1週間が過ぎました。

この1週間、イブちゃんはまだ疲れている様子ですが、獣医さんでのチェックも、ハーネスを3ヶ月つけていたので皮膚炎はまだ治療が必要ですが、それ以外は大丈夫、と聞きほっとしています。

犬への深い愛情を持ったもっちさんはじめ、保護犬、野犬、保護猫に対して心からサポートをしてくださるたくさんの方たちとつながることができました。

今回の事件で、イブちゃんが教えてくれた大切なことがあります。妹のインスタ投稿からのコピーです。

もっちさんと共に、今年中に日本中の全ての迷子犬が無事保護されますように😊!

Motch san, a strong advocate for dogs going missing.
Must have double collar and lead.
One of the leads must be attached to waist.
One lead is ket loose.
Harness is not recommended unless the dogs are well trained for their walk.
Dogs must be kept in the cage (same place where they feel comfortable) until they get use to the new environment.
この5ヶ月をまとめました。

A week passed sine Eve, the ex wild dog returned to my sister.

Yesterday she visited the vet and she is in good health apart from some skin rush caused by wearing harness for a long time.

Eve taught us valuable lesson for all of us😊. Refer to copies of my sister’s instagram post.

In addition to Motchi san, whose love to dogs is super strong, we feel blessed with being connected with so many people who have he super kind hart for the rescue dogs, cats and wild dogs😊❤️.

We wish current missing dogs in Japan will return to the owners/be captured safely by the end of this year.

イブちゃん、お帰りなさい!

元野犬イブが妹の自宅から逃走して約3ヶ月が経ちました。

3日前、イブが迷子になって以来お世話になっているもっちさん、「時期が来ました」とのことで、訪問。実はこれは2度目の訪問。

1ヶ月前にも一度捕獲に挑みましたが、いつもと様子が違うのに気づいたのか、イブはご飯を食べにきませんでしたので、無理はしないことにしたそうです。

カメラに映るとても用心深いイブちゃん

1日目、夜になり、妹はひたすらイブの好物お肉を焼いて、引き寄せ作戦。ところが、野良猫がやってきてご飯を完食。イブちゃんは近くで「なんで私のを食べるのよ!」と言いたげでしたが、猫のことが気になったのか、1日目は捕獲できず。

2日目。またイブちゃん敷地に戻ってくるも、また野良猫に気を使って(?!)か、何度か外から覗くも敷地には入って来ず。

気を取り直して3日目。夜中0時までは頑張って起きていましたが、眠ってしまいました。

朝、5時過ぎに目が覚めると、もっちさんの「無事に捕獲終了!」というメッセージと、イブちゃんの捕獲時のビデオや写真がiPadのスクリーンに!そして妹からもビデオや写真。

イブは捕まらないのでは、と思う時がありました。(もっちさんごめんなさい!)カメラに映るイブは本当に用心深く、少しでもご飯の容器を家の中に入れると、それ以上入って来ない、という賢さ。やっぱり妹では「無理だよ!あなたでは!」ってイブがメッセージを送っている??とも思いました。

ちょうど1ヶ月前にこちらから妹に送ったイブ用の名札が2日前に着いたと、聞きました。(コロナで郵便事情がとても悪く、時間がかかりました。)それをつけているイブちゃんの写真、風呂場に入れられて、うずくまっている、イブちゃんをみて、悲しいと同時に感激で涙が出ました。

オーストラリアから送ったネームタグ、2日前に無事に届きました。

今日は一日中感激で涙が止まりませんでした。捕獲後、シャンプーし、Vetでチェック(体重は900g減っていたものの、とても元気にご飯も食べている)というもっちさんの報告にホッとしました。

VETでも大人しいイブちゃん

そして、重要なお散歩訓練。もっちさんからみっちりとアドバイスを受けた妹。ダブルリード、ショルダー、腰リードでちゃんと備えることで逸走は防げます。それから絶対にハーネスは禁止。

もっちさんによると、転んでリードを離してしまい、逃げられる、大きな音や自転車などにびっくりして大暴れ、うんちをしてそれを拾う時に逃げてしまう、というケースが本当に多いとのこと。

元野犬様の特質、性格を熟知しているもっちさん。感謝しても仕切れません。「元野犬の里親になってくださる方は希少です。散歩トレーニングや、(野犬)迷子犬捕獲は里親に挙手してくださった方への恩返し。」というメッセージをもらった時は、本当に感激でまた涙。最後まで諦めないで、全身全霊をこめてサポートしてくださり本当にありがとうございました。他にも、目撃情報を下さった近所の方、同じように保護犬の里親だといって、頻繁にイブちゃんを探しに行ってくださった優しい方、SNSでイブちゃんのことをシェルター時代から見守ってくださった方、SNSで迷子犬として拡散してくださった何百人という方、それから、いつもイブちゃんのことを気にかけてくれた近所の方達、本当に感謝します。

普段は日本のペットへの扱いについて、イライラすることがたくさんありますが、今日は、全ての保護犬、保護猫を優しく見守る方々も最近は本当にたくさんいる、ことを感じました。ありがとうございました。

全ての迷子犬がすぐに保護されますように、日本から全ての野犬がいなくなる日が来ることを心から祈ります。もっちさん、しばらくは迷子犬捕獲活動をしなくてもいい日が続きますように。

(追記:2日目には別の犬の捕獲に成功したもっちさん。しばらくは迷子犬の捕獲からおやすみできますように!)

It has been almost 3 months since Eve ran off from my sister’s house.

Motchi san, who has been supporting my sister since then, returned to my sister’s house for the 2nd time. Last time when he tried to catch her, Eve looked so cautious of the atmosphere, which was a little different, and he decided not to catch her.

1st day, cautious looking Eve, maybe because of the cats eating her food, got annoyed and didn’t come back.

2nd day, Eve came back many times, however, she only observed the inside as again there were some cats eating her food!

Motch san never gave up this time. I stayed awake until mid night, but fell asleep.

I woke up to some messages, photos and videos sent by Motchi san & my sister. The first message I saw was at 1:50am, “Eve was caught safely!”.

For some reason, I started to think Eve will not return(sorry Motch san!). I thought Eve lost confidence with my sister as she is worried too much.

About 1 month ago posted Eve’s name tag and it arrived 2 days ago. (Due to COVID, the delivery was delayed!) I was in tears when I saw one of the photos of Eve wearing it.

Almost all day I was in tears…super kind hearted Motch san shampooed Eve, accompanied my sister to vet (Eve was fine although she lost 900g!), then trained my sister (not Eve!) how to walk Eve-this is so important and Motch san has a lot of knowledge.

Motch san’s guidance is double lead, shoulder/waist lead is a must, no harness.

With his experience of missing ex wild dogs, most of them run off when they hear a big noise and feel panicked, or see bicycle.

Motch san has been volunteering to look for missing ex wild dogs and provide walking training to the foster parents of ex wild dogs. His knowledge and passion to help them is so amazing. I cannot thank him enough for his kindness and strong support all the way. He says “Not many people become foster parents of the ex wild dogs, I am doing this as a thank you to those who have decided to look after ex wild dogs.” I was in tears again. For the past 3 months, so many people showed their kindness, neighbours, who kept reporting when they saw Eve, other foster parents of rescue dogs, more than 100 people who shared Eve’s info on the social media when she went missing, we received many many encouraging words from our friends. Thank you 😊 .

I often feel frustrated with how the pets are treated in Japan, however, today, I feel so impressed to feel there are so many people who support pet’s happy life. I really wish there will be no wild dogs in Japan and all missing dogs will be reunited with their owners soon.

動物愛護週間

毎年9月20日から26日の期間は動物愛護週間です。日本にいる時の記憶は、小学校時代だったか、学校でポスターを見かけた程度で、私の中では知名度は低かった行事の一つです。

環境省が管轄しているこの行事。どんな行事が行われているのか、環境省のHPを見てみました。毎年恒例の動物愛護週間ポスター絵画デザインコンクールを始めとして、ペット写真コンテストなどがありますが、細かい行事は地方に任されている様子です。例えば、各県の動物愛護センターによる行事等。

気になったのは環境省のメイン行事として、オンラインシンポジウムというのが開催される予定です。9月25日(土)、オンライン、参加料無料だから、私も参加しようと思います!中央行事の詳細はこちら

先述のポスターコンクールなどの結果発表のほか、「ペットのこれから」「ペットとの関係を考える」等、専門分野の学識者によるパネルディスカッションが議題にあります。

今年は、動物管理法の改訂と段階施行、アマゾンジャパンと環境省との保護犬、保護猫譲渡サポートにおけるパートナーシップ提携等、大きな変化がありました。どんなディスカッションの内容になるのか、興味があります。

ちなみに、動物愛護週間は、ウィキペディアによると、「動物を愛し、動物と人間の絆を強めることを目的として定められた記念週間。アメリカ動物愛護協会が1915年に制定したのが始まりとのこと。メインイベントとして、ユニバーサルスタジオとの協賛で協賛で、最も動物愛護に熱心な子供に「動物愛護キッズ賞」を贈呈する、とのこと。さすが、動物愛護大国アメリカ!

ペットと暮らす2021キャンペーン中。ポストカード手描き風ポストカード販売中です。ご購入はこちらhttps://www.creema.jp/item/12532396/detail

Annual event, “Be kind to animals week” is scheduled from 20 -26 September in Japan. It was one of the events that I rarely remember being involved, as all I remember is the poster which was displayed at primary school.

The event is organised by Japanese Ministry of the environment. I have checked what kind of events are organised. Apart from the main event, such as Animal protection promotional poster competition, each prefecture is responsible to organise their own events.

As a main event organised by the ministry, online symposium is scheduled on 25 Sept, which I can participate!

In this symposium, there will be some panel discussions by mainly academics with topics such as “Pets in the future”, “Relationships with pets”.

This year, there were several big news in relation to pets, for example, update in animal protection law, or just recently, the Japanese government (Ministry of the environment) and Amazon Japan announced their partnership with support to give/receipt of rescue dogs & cats. I am interested in what kind discussions it will be.

According to Wikipedia, the Be kind of animals week started in the US with the purpose of strengthening ties between animals and human in 1915. As a main event, with sponsorship with Universal Studio, the children who showed their passion of loving animals, will be awarded…a big animal loving country!

迷子犬イブ-Eve the missing dog

元野犬、保護犬のイブちゃんが実家の妹の元から逃げ出して2週間が経過しました。

その間、動物保護関係のFBグループの方から本当にたくさんのシェアをいただきました。おそらくトータルでシェアいただいたのは1,000人を超えています。SNSの強みをみに沁みて感じています。さまざまなアドバイスと励ましのお言葉をいただいて、感無量です。

SNSで繋がった、シェルターボランティアのご友人の方や、多くの近所の方のお手伝いに感謝いたします。

たくさんの目撃情報が妹の元に届き、妹も何度か現場に出向きましたが、やはり妹を見ると逃げてしまう結果に。

一人、東京に在住の方がわざわざ妹へコンタクトされて、その方(ここではMさんと言います。)の元野犬の行動に対する知識がとても深くて、本当にお世話になっているとのことです。私も早速インスタを通してお礼を言いつつ、Mさんの発信内容を見て、その知識の深さに驚きました。

野犬の習性上、とても重要となる、ダブルリードとダブルカラー(首輪)、どのブランドがいいか、どういう姿勢で散歩に臨むのか、とても役立つ情報が満載です。逸走する犬のほとんどはハーネスをしているとのことで、基本的にほとんどのハーネスは薦められていません。

Mさんのアドバイスにより、数カ所に餌場と、監視カメラを設置。早速、翌日、そこにイブちゃんの姿がありました。

見つかるまでサポートします、というMさんの温かいお言葉。遠く離れていて何もできない私たちは本当に心強いです。

Mさんのインスタからコピーです。ボラさん団体が元野犬を譲渡する場合、1。室内でも必ず係留 2。ダブル首輪とダブルリード 3。逸走防止にショルダーリード 4。脱走防止に玄関前にペットゲート を条件で譲渡すれば必ず迷子犬は減る。

イブちゃん探しの報告はまだ続けますね。

Two weeks have passed since Eve, ex wild and rescue dog ran away from my sister’s house in Gifu, Japan.

To date there have been so many people on the rescue pet related FB group, who shared our post. I think it is over 1,000 shares. We cannot help but feel the power of the social media and thank them so much for their useful advice.

Many people who connected via social media happen to live nearby, and neighbours have been supporting my sister.

My sister received many calls who saw Eve. However, sadly, Eve ran off whenever she saw my sister.

This week, my sister received a phone call from a gentleman (Mr. M) from Tokyo, who has been a great help to her since then. I also checked his instagram and feel impressed with his deep knowledge regarding wild dog behaviour.

For example, he shares his suggestions of the harness. It is so important for the ex wild dogs to have appropriate harness and collar when putting double lead & collar. He warns that most of the dogs who ran off had harnesses, so basically he doesn’t recommend putting a harness.

Based on his advice, food and security cameras were set up where my sister thinks Eve would be seen. Eve was seen in the camera the next day.

He says he is happily helping her until Eve returns. We in Australia, are feeling so helpless as we cannot do anything. We feel so thankful to him.

Here is a copy from M’s instagram. When shelters are giving away ex wold dogs, if these are made sure with the new owners, the number of the missing dogs would reduce. 1. Tie them even in the house. 2. Double lead and double collar 3. Put one lead over the shoulder 4. Put pet gate in front of the house entrance to protect them from running off.

This report on missing Eve is to be continued.