カテゴリー別アーカイブ: 保護犬

さきちゃん、お誕生日おめでとう🎉

さきちゃん、4月16日で2歳になりました💗

2年前、10年以上のブランクの後で、犬を迎え入れようと思った時は、メルボルンはロックダウンが始まった直後で、どこの保護施設にも犬の姿はなく、適当に問い合わせたブリーダーも何年か待ちという状態の中、さきを迎えることになったのは本当に奇跡でした!

全ての人に、生きる使命があるように、ペットにも生まれてきた理由があると信じています。

さきはどうして生まれてきたのか、を考える時、1番の理由は「出会う人を笑顔にするため」だと思います。(注:まださきは2歳だから変わるかもしれないです❣️)すれ違う人ほとんどの人はさきを見ると微笑み😊、行き違う車の中の人も、窓から顔を出しているさきを見て笑います🥰

おまけとしては、アパートに来る修理屋さんが「この犬はこのアパートの中で1番よくできた犬!」とも言われています!ちょっとこれは飼い主としては照れますが(!)うちにさきが来た理由のもう一つは、息子のケインにお手本を見せることかな、と密かに思っています。

さきちゃん、ありがとうね!!

Saki turned two on April 16! 

Two years ago, when we decided to have a dog, after more than 10 years of not having a dog, because of the lockdown in Melbourne, no dogs in rescue centres were available and we were told it will be years before we can get a dog from some breeders. It was almost a miracle we met Saki!

As all human beings have a reason why they were born, I believe all pets have a reason why they were sent to us.

When I think about the reason why Saki was born, I think it is to make everyone smile😊 . Everyone who walks past Saki, or people in the car (when they see Saki’s face popped out of the car window), smile 😊.

In addition, Saki has a reputation among the tradies who come t fix the apartment building that she is the best behaved dog in the building! I feel this is too exaggeration! BUT I quietly feel the second reason why Saki is with us is to teach my son how to behave!

Thank you, Saki chan for making everyone happy ❤️.

アニマルコミュニケーターハイジさんからの学びAnimal Communicator Heidi

日本でもテレビ番組に出演されたことで有名なハイジさん(本名はHeidi Wrightさん)の講義に参加しました。

3時間の予定が4時間近く、ハイジさんの動物に対する情熱に、私もその他30名の受講者の方たちは、すっかり魅了されていました。

他の活躍される多くのアニマルコミュニケーターさんがそうであるように、子供のある時期から動物のいうことがわかるようになったというハイジさん。「特別な能力を持った人しかできないのでは。」と思われがちですが、決してでそうではなくて、アニマルコミュニケーションは誰にでもできる!ということです。これは現在、私がアニマルソールヒーリングを教えていただいている、うえだまりさんも、そう言われます。

今回のハイジさんの講義でも、最初にそれを強調されていましたが、その(誰にでもACは可能という)理由としては、私たち人間も、例えば、「ここは心地がいい」とか、逆に「なんとなくこの部屋は雰囲気が悪いな。」とか本能的に感じる時が(人によって差はあるにしても)ありますよね。または、五感を使って危険やその場の雰囲気を感じ取ったりします。そして、「この人つまらなそうだ。」「期限悪いのかな」って見た目でわかる時もある。これが「野生の」本能。そして現代の人間は、元々野生動物が持つ「感じる能力、本能」が失われてしまっています。

ハイジさんの講義で、改めて思い知らされたことがあります(これは最近よく思っていたことなのですが!)ー動物とコミュニケーションをするには、自分の健康、精神もベストな状態でいないといけない。そのためには、ネガティブなマインドを避ける(ニュースを見ない、聴かないということを実践する)、瞑想をし、日々の小さなことにでも感謝を怠らず、全ての動物、自然に敬意を示ことが大切。

まだまだ私は未熟すぎますが、「野生の精神」を取り返し、動物と人の両方が豊かで幸せな生活を送れるような社会に近づくように、貢献したい、と改めて強く思いました。

I had an opportunity to participate in the seminar session which was conducted by Heidi, a well known Animal Communicator (AC) in many countries, including Japan.

As the other 30 participants, I was attracted to her passion towards animals during the session, which was almost 4 hours.

As the other many ACs in Japan, Heidi started having a special skill to understand what animals are saying. Therefore it is often misunderstood and we think only those who have a special skill are able to communicate wth animals. However, this is a myth and Heidi says all human beings are able to communicate with animals.

For example, we have instincts “this place feels comfortable” or “I feel he and she are not getting along well’. We use our 6 sense, just like animals do to avoid danger. It is believed human beings used to have this enhanced instinct that (wild) animal have, but over the time this was lost.

There are lots of things I learnt in the session, but most of all, it has made me feel that it is important to keep ourselves healthy physically and mentally to communicate with animals by having a “wild animal” instinct! To do so she recommends avoiding a negative mind (by not listening to reading news), practice meditation, be thankful to even the smallest things in your life, respect animals and nature.

I am still far from being able to communicate with animals! However, I would like to practice what I learnt from Heidi, to achieve a happy and rich society where animal and people blend.

さきカイロプラクティック体験Saki’s Chiropractic experience

自宅近くに犬猫専用のカイロプラクティック(整体院)ができて以来、ずっと気になっていました。

去年7月にさきは車に撥ねられた経験もあるので、チェックだけでもしてもらおうと、先週予約しました。

お店もとても素敵で、犬猫のさまざまなアクセサリー(サステイナブルを考慮した商品)や体に負担のないドッグフードやお豆腐でできた猫用トイレの砂がたくさん売っています。犬猫用ファーストエイドキットも!

素敵なグッズがいっぱい

整体師のフィリップ先生は、経験豊富な動物専門の整体師。念入りにさきの体を触診され「バイセップス(上腕二頭筋)が凝ってるけどこれは普通だから大丈夫。」という診断。とても安心しました。

ボーダーコリーという犬種だから、ジャンプや走るのは大好きなので、マッサージの仕方も教えていただきました。

あとは、肉球の周りの被毛が伸びているのを見て、「滑りの原因になるからトリムしてね。」と指摘されました。

事故以来、心配だったのですが、先生のアドバイスでとても安心しました。

さきもマッサージはとても気持ちよかった様子!これからやってあげよう!

I have been noticing a lovely looking shop called Pawsconnect, which specialises in dog & cat’s chiropractics.

Saki was hit by a car in July last year (2021) and since we were a little concerned about its impact on her. So I made a booking for Saki.

The shop (clinic) had some lovely products mainly sustainable minded products, dog/cat food that are made from natural ingredients or cat toilet sand made from Tofu! They even had pet’s first aid kit.

Phillip sensei who is very experienced chiropractor, examined Saki thoroughly. He told us Saki has no problem, only her bicep is tight, but this is completely normal.

He also showed us how to massage Saki as she loves running and jumping.

Phillip also advised it is better to trip the hair grown around her paws to stop from slipping.

We feel much better now as we know Saki’s body is okay!

Saki seemed to love being massaged. We will try this on her from now on.

イブちゃん絵本のヒロインに!Eve will be a heroin in a picture book

今週は、シロちゃんの無事確保の嬉しいニュース、の次にまたまたエキサイティングなことが起こりました!

なんと、妹のみちよが絵本を出版することになりました。

妹はもともと美術が好きで、過去にも絵本出版を試みたことがありましたが、その時には実現せず。ずっと「夢」となっていました。

私たちが師事する絵本作家でアニマルコミュニケーターの上田真里さんの計らいで、奇跡は起こりました!最近は保護犬、保護猫活動のため、さらにご活躍をされている真理さん!最近、Utsuwa出版さんを通して絵本出版のお手伝いをされています。昨年出版された彼女の最初の絵本「ぼくが生まれてきたのはね。」は今もたくさんの方から応援されています。(この絵本については過去のプログでも書いています。)もうすぐ、2冊目の絵本のペーパー版が出版される予定です。

テーマは野犬についてー一般に、まだまだ日本では純血種の犬が良い、とされています。野犬も純血種と同じくらい可愛い!野犬のよさを日本の多くの人に知ってもらいたい。というのが主な目的です。そして何よりも、今のみちよがいかにイブが加わったことにより、ハッピーとなったか、ということを伝えたい!

昨年6月イブちゃんの里親になった妹ですが、それからイブちゃんの逸走、捕獲、お散歩トレーニングを通して野犬のイブちゃんからは多くの学びがありました。

野犬については、もちろん暗い背景があります。野犬が日本中からいなくなるのが私たちが理想とする社会です。絵本では野犬たちの明るい未来のために、少しでも貢献することが出来たら、と願う気持ちでいっぱいです 💗

さらに、エキサイティングなことに、絵本には英訳も追加できることになっています!私も貢献することができ、本当に嬉しいです😃

絵本の進捗状況、これからもシェアしていきたいですが、私たちのインスタグラム、妹のFBからもご覧いただくことが出来ますので、サポートをよろしくお願いいたします。

上田真里さんインスタグラムはこちら

妹みちよと私のインスタグラムはこちら

みちよのFBはこちら

Following the great news on Shiro chan’s being safely saved last week, I would like to share another exciting news😊 that happened to us last week.

My sister, Mimi, (who is a foster parent of Eve, the ex feral dog, is going to publish her first picture book!

My sister, who loves painting, always wanted to publish picture book herself one day. In the past she tried, but her dream wasn’t realised.

Thanks to Mari Ueda, whom we call our mentor, and animal communicater &picture book author, this “dream” is going to come true. Mari has been working more tirelessly to support rescue dogs & cats recently. One of the works she is involved is to help people who wish to publish picture books after her first picture book “The reason I was born (Boku ga Umarete Kitanowa ne” was successfully launched and a second book is on its way.

The purpose of Mimi’s book is about feral dogs in Japan-they could be as lovely as other kinds of dogs (pure bred dogs)! In Japan pure bred types are still better considered.

Since Mimi became a foster parent of Eve, she learnt many things about feral dogs through the series of events of Eve’s running away, return and walking training.

Talking about feral dogs in Japan, in many cases, they are considered nuisance and treated badly, however, the focus in the book is their bright future as many people in Japan wish their happy life.

I am so glad as I can also contribute to the book by adding English in the book! How exciting😊.

We will continue to share the progress of the project. You can see them in the following instagram & FB.

Mari’s instagram-こちら

Mimi&my instagram (some posts have English) こちら

Mimi’s FB-こちら

Note: I used to translate the word “Yaken” as “wild dog” previously, however, I learnt it is not a correct translation. It should be translated as “feral dogs” because in Japan “Yaken” means the dogs who used to be owned by human as home dogs are abandoned and turned into feral.

アニマルソールヒーリングー1月の学び

今月の学びはペットの「行動心理について」

まず犬と猫は基本的に好きなことと苦手なことが違います。

犬は元々群れで生活する動物で孤独を嫌います、そして家族(人間の家族も!)が仲良くないと精神的に落ち込むそうです。犬の下痢が続く時は、もしかしたら家庭内での問題を気遣っているのかも!

猫は、特に環境の変化に敏感で、キャットフードを変える時も時間がかかるとのこと。一緒に学んでいる妹の家の元野良ちゃんは、離乳の頃、元野犬イブちゃん捕獲のために仕掛けた餌のビーフをよく(その当時はまだ野良猫だったので)食べに来たそうで、未だにキャットフードを受けつかないとか。ビーフに徐々にキャットフードを混ぜるなどすればそのうち大丈夫になるでしょうが、本当に敏感なんですね。

「嫌いな状態」が続くと、当然、ストレスとなりますので注意が必要ですね。これは人間も同じ!

ストレスが続くと、落ち着きがない、破壊行動、などいつもと違った行動を起こします。人間だって、イライラしたり、怒鳴ったり、するように。

ペットさんたちは、ことばの代わりに常に私たちに感情のシグナルを送っています。観察してあげるのが大切ですね。

そして、その環境が良いかの判断は、その動物が好きなことができる環境かどうか(例:猫の場合はジャンプができる環境か、犬の場合は外に出てしっかり散歩、運動ができているかなど)を考えると自ずとわかってきますね。

Feeling nice & cool on the cool mat 冷却シートで気持ちいい?

Today’s learning was about dog & cat’s behaviour and what they are thinking.

Firstly, we all know that what dogs and cats like to do or dislike to do are different.

Dogs originally live as a pack, so they dislike being alone. Also we learnt they tend to feel stressed when they have issues with their family (members- including their human family!) Dogs often suffer from diarrhoea, when they have family issues!

It is known that cats are sensitive to change of their environment. This is why it is taking a long time for my sister’s cat to start eating cat food. This (my sister’s) cat used to eat cooked beef as a kitten because she used to be a stray cat and used to come to my sister’s place, as that time my sister’s dog ran away and my sister used to use cooked beef to catch the dog (ex-wild dog, Eve!) . The tip for the cat to get used to the cat food is to mix it gradually with the beef!

When pets are constantly under the condition where they have to put up with what they dislike, of course they fee stressed! (just like we human does!)

We can see if the pets are feeling stressed- for example, they start breaking items in the house etc, just like we become unsettled etc!

Pets send you signals what they are thinking/how they are feeling, for example, the most well known signal of dogs when they are happy is wagging their tails! but there are so many other behaviours to show their emotion.

If you are not sure whether or not the environment is good for your pet, you can find the answer by checking again what kind of things dogs/cats like to do and dislike to do👍

オーストラリアのドッグパークーアデレード編(Off lead park in Adelaide)

新年はアデレードにホリデーで来ています。夫の故郷であるアデレードには毎年訪れます。今回はヒルトンアデレードがペット同伴OKなので、ホテル滞在です!

メルボルンからアデレードまでは7時間のドライブ。さすがにさきも疲れた様子でしたが、翌日にはすっかり復活。見慣れない散歩コースを楽しんでいます。

川沿いの素敵な散歩道

中心地のホテルから車で5分ほどの場所に位置するPityarilla Dog Parkを見つけました。

ドッグパークへ入る前のルール

安全面ーメルボルンとは違って、フェンスがあり、小型犬(13キロまで)専用のスペースもあります。ゲートも二重になっていて安心感は◎

清潔さーうんち用の袋(Biodegradableー環境に優しく、土に帰る原料でできている)もゴミ箱も設置されていて◎

その他の配慮ー私たちが訪れたのは暑い日でした。屋根のあるベンチ、わんちゃんの水飲み場もありました。無料のパーキングスペースもたくさんあってこちらも◎

アデレードはとても静かでゆったりとした時間が流れる街。今回の滞在も楽しんでいます。

こちらの動画も見てね🐶

We are staying in Adelaide this New Year’s holiday. I have been visiting Adelaide many times as my husband was born and spent his childhood there. This time we are staying in Hilton Adelaide as we found out it was pet friendly hotel (this must be due to COVID).

It is 7 hours drive from Melbourne to Adelaide. Saki looked tired after the long drive. On the next day, she seemed fully recovered and is enjoying her walk in unfamiliar environment.

We were lucky enough to find a off leash dog park called Pityarilla Dog Park, which is located within short drive from the hotel in Adelaide CBD.

✅ Safety-There are two spaces for dogs-one for smaller (up to 13 kg) and double gates.

✅ Cleanliness-Poo bags and bins are conveniently placed (the bags were biodegradable – eco friendly!)

✅ other consideration for dogs and owners-It was a warm day when we visited. There are shaded area with roof for the owners to sit down. There was also a water station. Also there are many free parking spaces.

I always enjoy holiday in Adelaide as it is quieter and time goes slow😊

Check out my youtube, too😁

セラピードッグを知っていますか?(Do you know therapy dog?)

「ラルフ」というタイトルの実存したセラピードッグの本を何年か前に思い出しました。

犬(ペット)は人間を精神的に癒すことができる、と言うことはすでに知られています。

「ラルフ」の舞台はオーストラリア、メルボルン。ラルフと言うジャイアントシュナウザーは心優しいカップルと四人の子供の家族に引き取られました。

引き取られて当初は問題犬(吠えることが多い)でしたが、みんなに愛され、特に子供たちの毎朝の登校に付き合うたびに校門で生徒みんなに撫でられ、とても可愛がられました。

そんなある日、Royal Melbourne Show(オーストラリアの農産物の毎年開催される展覧会)で「セラピードッグ」の素質を認められたのでした。

Ralf & Caroline(ラルフと里親のキャロラインさん)

それから、5年間、メルボルンの王立子供病院でセラピードッグとして活躍。里親のお母さんであるキャロラインさんとともに多くの入院中の子供たちを励まし、勇気づけてきました。

A few years ago I read a book titled “Ralf”, it is based on the true story of Ralf, the therapy dog.

It is now well known that dogs (pet) can heal the human mentally.

In Melbourne, Australia, a Giant Schunauser, named Ralf joined the family of a couple with 4 children, who had a very kind hart.

Ralf was rather a problematic dog with constant barking, however, he gradually became a loving dog surrounded by a kind harted people, especially he was loved by school children.

One day, Ralf’s talent as a therapy dog was found at the Royal Melbouren Show. Since then he & Caroline (foster mother) visited Royal Children Hospital for 5 years during this period Ralf heeled and encouraged many sick children.

アニマルソールヒーリング(12月の学び①)Animal Soul Healing (December)

先月から上田真理さんの元でアニマルソールヒーリングを受講しています。今月の主な学びは「食事」について。

まず、猫と犬は必要な栄養素に大きな違いがあります。

手作り食がいい?

市販のドライ、ウェットフードには必ず添加物(保存料など)が入っていますが、これは仕方のないことです。少しでも体に良いものを食べさせたいと、最近では、よく聞く「手作り食」。「ナチュラル」なものがいいというのはもちろんそうですが、気をつけなくてはいけないのは、手作り食だけでは、犬や猫が必要とする全ての栄養素が取れない可能性があること。

その点、市販のフードには必要な栄養素が補われています。

野菜は必要?

「体にいいから」と野菜を与えたくなりますが、もともと野菜は消化しにくいからだなので、与える場合はごく細かく切ってあげることが大切とのことです。

ドッグフード、キャットフードは、基本的にスーパーで入手できる(安価な)商品は、品質も低い、とのこと。大切なのは、バランス、そして、人間目線で考えるのは危険ということですね。

インスタグラムも始めました!どうぞよろしくお願いします。

朝起きたら大抵このねぞう。体柔らかいね!

Since last month, my sister & I started Animal Soul Healing course, which is taught by Mari Ueda. The agenda for December is about “pet food”.

Firstly, there is clear difference between what cat & dog needs in terms of nutrition. Cats are 100% canovore carnvore and dogs are amonivore.

Homemade food is the best?

Recently we hear many pet owners provide home made food to their pets. Of course we think it is the best to avoid food additives. Commercially available dry/wet food contain food additives, however, the nutrition that pets require are added. It is quite possible the pets cannot get all nutrition they need only from the home made food.

Do pets need vegetables?

As many people feel, I also thought pets need vegetables! However, for dogs& cats, their body is difficult to digest vegetables, so it is very important to cut the vegetables into small pieces when giving to dogs and cats.

Usually the dog/food that are easily purchased at the super market, are not at high quality. The most imporant thing is to think about “balance”, and not think dog & cat’s nutrition same as the human.

動物保護総合センターHolistic Animal Rescue Centre

イブちゃんの無事捕獲の際、多大なお世話になったもっちさんには、今でもその後の様子など、イブちゃんが人間との生活に少しでも早く慣れるためにお世話になっています。

そのもっちさんもサポートする、動物保護施設のみさきアニマルスマイルさんが、クラウドファンディングを始めたとのことを聞き、その保護センターの活動を聞いた私と妹は早速シェアをしています。

現在日本に存在する動物保護センター。ほとんどは犬猫を保健所から引き取って里親さんを探し、譲渡をする、という活動をされています。みさきアニマルスマイルさんは、動物病院を併設するために改修工事を行なわれます。これにより、「引き取り、病院、里親さんへ出す前のトレーニング」が揃った理想の総合保護センターになることがとっても期待できます!

私は保護センターで働いた経験もないし、保護犬や保護猫と暮らした経験もありません。彼らとの関わりといえば、イブや保護猫のラッキーとハッピーのおば(!)であるぐらいです。ただ、日本のペット環境がとても遅れていることに関しては、本当になんとかしたいと思っています。

ラッキー(大きくなりました!)

だから本気で犬や猫のことを助けてあげたい、と活動する保護センターの方達、ボランティアさんのことを聞くとどうしてもじっとしていられません。

イブちゃん騒動の経験から、野犬の習性ーどうやって人間の生活に慣れせるか、人間はどうしたらいいのか、ということが、大きな課題であることを学びました。

みさきアニマルスマイルさんは、里親さんに譲渡する前に、しっかりとしたトレーニング(散歩等)その後のアフターケアもしっかりと責任を持ってくれています。

「保護、病院、トレーニング、アフターケア」の機能を持つ保護センターが日本にもっともっとできて、1匹でも多くの犬猫さんたちが人に幸せな時間を与えることができますように。

ラッキーと1週間前に家族になったハッピー

クラウドファンディングのリンクはこちらです。

After Eve returned to my sister’s house, Motchi san, who helped catching Eve, is still assisting Eve & my sister by constantly advising my sister on how to get Eve used to the life with people.

This week we heard one of the animal shelter in Kanagawa pref, called Misaki Animal Smileみさきアニマルスマイル, whom, Motchi san supports for their good care to the anmals, launched their crowdfunding.

There are many rescue shelters in Japan-majority are saving animals from the public centre and look for foster parents. Misaki Animal Smile is going to add animal hospital with their current facility. This makes it holisstic centre which, not only receiving and looking for parents, but also providing medical care, tranining (before the animals are fostered and after care”- an ideal rescue centre!

I cannot help but to do somthing when I hear about the people who work so hard to save animal’s life.

I wish there are many more rescue centres like Misaki Animal Smile in Japan for the happy life of both animals & people.

犬の耳感染症

以前、さきの耳が臭うことについて投稿しました。あれから約2週間、良くなったと思っていましたが、そうではありませんでした。

今週になって、引っ掻く度合いがまた増え、夜寝ている間も何度か起きて引っ掻いていました。同じ右耳です。

昨日、また耳の匂いを嗅いでみると、左耳よりも酸っぱいような匂いがしました。これはやぱりおかしい、と思い、獣医さんに連れて行きました。

獣医さんのおやつをチェック-checking treats at vet

獣医さんはさきの耳を見るとすぐに「耳感染してるわね。ちょっとじゅくじゅくしているし。」左耳の垢も綿棒でとって、どんなバクテリアなのか調べるから、とすぐに調べてくれました。診断は「イースト菌による感染症」とのことでした。とてもよくある犬の病気で、今のような暖かくなる季節に特に多いのだそうです。

2mのチューブに入った薬をその場で耳に入れられました。これを1週間に一度、来週またしなければいけない、とのことです。

処方された薬

「あなたができないと思うならまた予約してくれたら、私たちが投薬することもできるわよ。」と言われましたが、夫ができると思い、お断りしました(おそらく、それだけで、また$100ほどの料金だろうと思います!)

薬を入れるときは嫌がったものの、その後、耳を撫でられると気持ちよさそうなさき。子犬の頃から、獣医さん訪問は大好きです。だっておやつをたんまりくれるから !

昨日の夜は先は朝まで起きることなく眠っていたようです。結構痒くて不快な症状をもたらすとのこと。また一旦イースト菌が発生すると、放っておいても治ることなく、ひどくなるばかりとも言われました。早く気づいてあげられなくてごめんね、さきちゃん!

帰る時もまだおやつをチェックしてる-Still checking out treats when leaving.

I posted about Saki’s ear problem earlier. It has been about 2 weeks and we thought it got better, but it was actually not!

Saki scratches her (right) ear and looks like she woke up in the middle of the night and is irritating her more.

Yesterday I noticed her ear had a kind of sour smell compared to her left ear, so I decided to take her to vet.

As soon as the vet looked into her ear, she said, “She has ear infection. I can see some discharges.” She took ear wax from Saki’s left ear to check what kind of bacteria she has. The diagnosis was ear infection due to yeast. The vet told me that it is very common with the dogs, in particular in warming up season.

The vet put cream like medicine (2ml container) into Saki’s ear. She told me Saki needs another 2m next week.

“We can do it again for you, if you think it is difficult to put it in her ear.” However, I decided my husband can handle it! (otherwise, I thought another $100 vet bill needs to pay!)

Saki didn’t like being held when putting the medicine in her ear, however, she looked very relaxed when she was rubbed her ear. Since puppy, she loves visiting this vet as she gets lots of treats!

She seemed to have slept through lat night wihout being irritated by itchiness. According to the vet, once dogs have the infection, ,it is not going away without being treated. I felt so sorry for Saki, because the vet also said it can give dogs quite discomfort. Sorry, Saki chan, I will be more careful from next time!