Kimie Tomida のすべての投稿

全ての保護犬、猫、野犬、野良猫の幸せを応援します! 妹(岐阜県在住)と姉(オーストラリアメルボルン在住)チームです。 妹が元野犬、イブ、野良猫ラッキーの里親となったことで、現在のペットが置かれた環境の大きな社会問題を知ることとなりました。このブログはそんな状況を少しでも良くなるように、という思いで始めました。妹のオリジナル商品もどうぞよろしくお願いします。 妹プロフィール 保護犬、保護猫と、豊かな自然に囲まれた岐阜県に在住。女子美術短期大学衣服デザイン科卒業後、衣服デザイナー、パターナーとしてアパレル業界で勤務。2021年退職。 2015年、愛犬「もも」を亡くして以来、ひどいペットロスを患う。 2020年初め、ようやく犬を迎え入れる気持ちになり、犬を探し始めた。その時、保護犬、野犬の存在を知る。同年6月、愛知県の保護施設から元野犬、「イブ」を迎え入れる。ほぼ同時期に家の前で、生後間もない子猫を保護、そのまま家族として迎えた。 姉と共に、保護犬、保護猫にまつわる社会問題に少しでも貢献すべく、「Momo」というクリエーター名で、オリジナルデザインの衣類、雑貨を作成、オンラインにて販売、その売り上げの一部を保護施設に寄付する活動を始める。 愛玩動物飼養管理士受講中(2022年2月資格取得予定) 姉とともにアニマルソールコミュニケーションを学んでいる(2022年5月終了) 趣味は油絵、染色、動物のスケッチ。将来は動物たちと広い屋外ドッグランがある敷地で毎日絵を描いて暮らすのが夢。 姉(富田公恵)プロフィール 岐阜県出身。オーストラリアメルボルン在住20年。 子どもの頃から、動物好きの家庭で育つ。高校生の時、1年間留学したオーストラリアのホームステイ先では、10匹以上のレース用の犬グレーハンドと牧羊犬4匹に囲まれて過ごした。 現在は、16歳からボランティアでドッグトレーナーをし、過去に飼ってきた犬は7匹という大の犬好きであるオーストラリア人の夫、14歳の息子、ボーダーコリー(メス、1歳半)と一緒に、メルボルン郊外のドッグパークやビーチで、毎日愛犬との散歩を楽しむ。 上智大学卒業後、日本で高校教員として3年間勤めた後、渡豪。メルボルンに本社がある日系グローバル企業にて勤務している。オーストラリア公認翻訳家でもある。 動物と飼い主さんとの関係をサポートするため、動物の体や内面についてのアニマルソールコミュニケーションを学んでいる(2022年5月終了) Thank you for reading my blog. I was born and grew up in Gifu, Japan and am living in Melbourne, Australia. Since childfood, my family loved all kinds of animal and my sister & I were brought up with dogs all our life. Since my sister lost her last dog named "Momo", she suffered from severe pet loss, which lasted for abour 5 years. Finally she got over it and in 2020 she was looking for a dog for herself. She found out there are many animal shelters and abandoned dogs and cats. She met with one dog, called Eve, she was an ex wild dog and decided to welcome her at her house. At the same time she found a kitten who was almost dying. She rescued the cat and decided to keep him, too. This all happened in June 2021. Both my sister and I learnt about the big social problem on pets in Japan and couldn't help but to do something to help the situation. This is is why I have started this blog and my sister started making originally designed goods and selling on line. I live with a chocolate coloured border collie (born in April 2020) . My husband also experienced dog owner, who have had many dogs since he was a child. We wish all animals and people on earth have a happy life together.

5月28日をもちまして、新しいウェブサイトへ移動します。As of 28 May 2022, we are going to move to the new website.

Thank you so much for your support with my blog. As of 28 May 2022, due to the move to our new website, you can review my blog in https://www.myhappipet.com/ On the new website (most part is translated in English), we enhance it so that it is much easier to communicate to each other. We will provide update on our picture book project which will be published in August this year. Thank you so much for your continuous support to us!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。5月28日をもちまして、新しいウェブサイトへ移動となります。新ウェブサイトはこちらです。8月末に出版予定の絵本プロジェクト、商品情報の掲載、皆様との交流がより深まるサイトとなるよう努めております。引き続き、ご支援を頂けますと大変嬉しいです。

さきちゃん、お誕生日おめでとう🎉

さきちゃん、4月16日で2歳になりました💗

2年前、10年以上のブランクの後で、犬を迎え入れようと思った時は、メルボルンはロックダウンが始まった直後で、どこの保護施設にも犬の姿はなく、適当に問い合わせたブリーダーも何年か待ちという状態の中、さきを迎えることになったのは本当に奇跡でした!

全ての人に、生きる使命があるように、ペットにも生まれてきた理由があると信じています。

さきはどうして生まれてきたのか、を考える時、1番の理由は「出会う人を笑顔にするため」だと思います。(注:まださきは2歳だから変わるかもしれないです❣️)すれ違う人ほとんどの人はさきを見ると微笑み😊、行き違う車の中の人も、窓から顔を出しているさきを見て笑います🥰

おまけとしては、アパートに来る修理屋さんが「この犬はこのアパートの中で1番よくできた犬!」とも言われています!ちょっとこれは飼い主としては照れますが(!)うちにさきが来た理由のもう一つは、息子のケインにお手本を見せることかな、と密かに思っています。

さきちゃん、ありがとうね!!

Saki turned two on April 16! 

Two years ago, when we decided to have a dog, after more than 10 years of not having a dog, because of the lockdown in Melbourne, no dogs in rescue centres were available and we were told it will be years before we can get a dog from some breeders. It was almost a miracle we met Saki!

As all human beings have a reason why they were born, I believe all pets have a reason why they were sent to us.

When I think about the reason why Saki was born, I think it is to make everyone smile😊 . Everyone who walks past Saki, or people in the car (when they see Saki’s face popped out of the car window), smile 😊.

In addition, Saki has a reputation among the tradies who come t fix the apartment building that she is the best behaved dog in the building! I feel this is too exaggeration! BUT I quietly feel the second reason why Saki is with us is to teach my son how to behave!

Thank you, Saki chan for making everyone happy ❤️.

害獣についての学びVermin

今朝は動物について、かなり悲しい学びがありました。

迷子犬、保護犬の投稿のために、いつもチェックするもっちさんのストーリーズに罠に捕まったような鹿ちゃんの動画が。

「これはどこですか?」とメッセージしたら「妹さんからの動画です」という返信。

慌てて岐阜の妹に連絡したら、イブの散歩道(イブは山道がお気に入りらしい。)で見つけたとのこと。オーストラリアだったら、動物愛護協会(RSPCA)へ連絡を入れるのだが、さて、日本はどうするんだろう。と思ってFacebookで「誰か知りませんか」と尋ねたところ、やっぱり役所に届けるのだそうだが、しかは「害獣」なので、処分してもいいというアドバイス。

妹が近くの町役場が運営するオフィスへ出向いて相談したところ、スタッフのかたが農林水産省の事務所へ電話をしたところ、答えは同じでした。

Wikipediaによると、日本では「害獣」=イコール人や家畜、農作物へ危害を与える動物、という意味だそうです。でも殺さなくてもいいでしょう。と思った。

しかの様子を、役所の方と再度見に行った妹でしたが、すでに姿はなかったとのこと 😢

岐阜の実家にはしかの他にも、イノシシ、ハクビシン、猿、など野生の動物がよく見られます。

こういう動物はいくら「害獣」でも殺してもいいのでしょうか?

そして、「害獣」の意味を調べていたら、「益獣」(「害獣に反して!)という人の生活に有益となる動物(例えばネズミをとる猫)という言葉も初めて知りました。

この「害獣」「益中」も人間目線の基準で決められているよなあ、と悲しくなりました。

ちなみにオーストラリアではいくら「害獣」(例えばよく家庭に出没して庭の木々を荒らすポッサムも、へびも)でも、決して殺してはいけないことになっています。

Today I learnt something sad. One “Story” by someone I know well grabbed my eye. It showed a deer which was trapped and couldn’t move!

I messaged him “Where is the location?” and his reply was “your sister sent me this movie.”

I contacted my sister and she was about to leave to visit one of the facilities managed by the council. I wasn’t sure who we can talk to report this kind of matters (wild animal related). I also asked my Facebook friends. I received an advice that “Deer is considered to be vermin, so it is killed. You can report to the council…”

The staff at the council office who my sister spoke to also advised the same thing.

There are many wild animals seen where my sister lives, such as little bears, wild boars, monkey etc. Are they okay to be killed?

When I was searching for the word “vermin”, I also found the word, “animal beneficial to humans”

I learnt two words, Virmin=animals cause damages to human & “Ekijyu=animals beneficial to humans. I feel sad, as if the animals are beneficial or damage are again based on human’s judgement.

In Australia, the most known vermin which damage garden at home is possum, but it is illegal to kill them. Or even snakes cannot be killed!

アニマルコミュニケーターハイジさんからの学びAnimal Communicator Heidi

日本でもテレビ番組に出演されたことで有名なハイジさん(本名はHeidi Wrightさん)の講義に参加しました。

3時間の予定が4時間近く、ハイジさんの動物に対する情熱に、私もその他30名の受講者の方たちは、すっかり魅了されていました。

他の活躍される多くのアニマルコミュニケーターさんがそうであるように、子供のある時期から動物のいうことがわかるようになったというハイジさん。「特別な能力を持った人しかできないのでは。」と思われがちですが、決してでそうではなくて、アニマルコミュニケーションは誰にでもできる!ということです。これは現在、私がアニマルソールヒーリングを教えていただいている、うえだまりさんも、そう言われます。

今回のハイジさんの講義でも、最初にそれを強調されていましたが、その(誰にでもACは可能という)理由としては、私たち人間も、例えば、「ここは心地がいい」とか、逆に「なんとなくこの部屋は雰囲気が悪いな。」とか本能的に感じる時が(人によって差はあるにしても)ありますよね。または、五感を使って危険やその場の雰囲気を感じ取ったりします。そして、「この人つまらなそうだ。」「期限悪いのかな」って見た目でわかる時もある。これが「野生の」本能。そして現代の人間は、元々野生動物が持つ「感じる能力、本能」が失われてしまっています。

ハイジさんの講義で、改めて思い知らされたことがあります(これは最近よく思っていたことなのですが!)ー動物とコミュニケーションをするには、自分の健康、精神もベストな状態でいないといけない。そのためには、ネガティブなマインドを避ける(ニュースを見ない、聴かないということを実践する)、瞑想をし、日々の小さなことにでも感謝を怠らず、全ての動物、自然に敬意を示ことが大切。

まだまだ私は未熟すぎますが、「野生の精神」を取り返し、動物と人の両方が豊かで幸せな生活を送れるような社会に近づくように、貢献したい、と改めて強く思いました。

I had an opportunity to participate in the seminar session which was conducted by Heidi, a well known Animal Communicator (AC) in many countries, including Japan.

As the other 30 participants, I was attracted to her passion towards animals during the session, which was almost 4 hours.

As the other many ACs in Japan, Heidi started having a special skill to understand what animals are saying. Therefore it is often misunderstood and we think only those who have a special skill are able to communicate wth animals. However, this is a myth and Heidi says all human beings are able to communicate with animals.

For example, we have instincts “this place feels comfortable” or “I feel he and she are not getting along well’. We use our 6 sense, just like animals do to avoid danger. It is believed human beings used to have this enhanced instinct that (wild) animal have, but over the time this was lost.

There are lots of things I learnt in the session, but most of all, it has made me feel that it is important to keep ourselves healthy physically and mentally to communicate with animals by having a “wild animal” instinct! To do so she recommends avoiding a negative mind (by not listening to reading news), practice meditation, be thankful to even the smallest things in your life, respect animals and nature.

I am still far from being able to communicate with animals! However, I would like to practice what I learnt from Heidi, to achieve a happy and rich society where animal and people blend.

さきカイロプラクティック体験Saki’s Chiropractic experience

自宅近くに犬猫専用のカイロプラクティック(整体院)ができて以来、ずっと気になっていました。

去年7月にさきは車に撥ねられた経験もあるので、チェックだけでもしてもらおうと、先週予約しました。

お店もとても素敵で、犬猫のさまざまなアクセサリー(サステイナブルを考慮した商品)や体に負担のないドッグフードやお豆腐でできた猫用トイレの砂がたくさん売っています。犬猫用ファーストエイドキットも!

素敵なグッズがいっぱい

整体師のフィリップ先生は、経験豊富な動物専門の整体師。念入りにさきの体を触診され「バイセップス(上腕二頭筋)が凝ってるけどこれは普通だから大丈夫。」という診断。とても安心しました。

ボーダーコリーという犬種だから、ジャンプや走るのは大好きなので、マッサージの仕方も教えていただきました。

あとは、肉球の周りの被毛が伸びているのを見て、「滑りの原因になるからトリムしてね。」と指摘されました。

事故以来、心配だったのですが、先生のアドバイスでとても安心しました。

さきもマッサージはとても気持ちよかった様子!これからやってあげよう!

I have been noticing a lovely looking shop called Pawsconnect, which specialises in dog & cat’s chiropractics.

Saki was hit by a car in July last year (2021) and since we were a little concerned about its impact on her. So I made a booking for Saki.

The shop (clinic) had some lovely products mainly sustainable minded products, dog/cat food that are made from natural ingredients or cat toilet sand made from Tofu! They even had pet’s first aid kit.

Phillip sensei who is very experienced chiropractor, examined Saki thoroughly. He told us Saki has no problem, only her bicep is tight, but this is completely normal.

He also showed us how to massage Saki as she loves running and jumping.

Phillip also advised it is better to trip the hair grown around her paws to stop from slipping.

We feel much better now as we know Saki’s body is okay!

Saki seemed to love being massaged. We will try this on her from now on.

イブちゃん絵本のヒロインに!Eve will be a heroin in a picture book

今週は、シロちゃんの無事確保の嬉しいニュース、の次にまたまたエキサイティングなことが起こりました!

なんと、妹のみちよが絵本を出版することになりました。

妹はもともと美術が好きで、過去にも絵本出版を試みたことがありましたが、その時には実現せず。ずっと「夢」となっていました。

私たちが師事する絵本作家でアニマルコミュニケーターの上田真里さんの計らいで、奇跡は起こりました!最近は保護犬、保護猫活動のため、さらにご活躍をされている真理さん!最近、Utsuwa出版さんを通して絵本出版のお手伝いをされています。昨年出版された彼女の最初の絵本「ぼくが生まれてきたのはね。」は今もたくさんの方から応援されています。(この絵本については過去のプログでも書いています。)もうすぐ、2冊目の絵本のペーパー版が出版される予定です。

テーマは野犬についてー一般に、まだまだ日本では純血種の犬が良い、とされています。野犬も純血種と同じくらい可愛い!野犬のよさを日本の多くの人に知ってもらいたい。というのが主な目的です。そして何よりも、今のみちよがいかにイブが加わったことにより、ハッピーとなったか、ということを伝えたい!

昨年6月イブちゃんの里親になった妹ですが、それからイブちゃんの逸走、捕獲、お散歩トレーニングを通して野犬のイブちゃんからは多くの学びがありました。

野犬については、もちろん暗い背景があります。野犬が日本中からいなくなるのが私たちが理想とする社会です。絵本では野犬たちの明るい未来のために、少しでも貢献することが出来たら、と願う気持ちでいっぱいです 💗

さらに、エキサイティングなことに、絵本には英訳も追加できることになっています!私も貢献することができ、本当に嬉しいです😃

絵本の進捗状況、これからもシェアしていきたいですが、私たちのインスタグラム、妹のFBからもご覧いただくことが出来ますので、サポートをよろしくお願いいたします。

上田真里さんインスタグラムはこちら

妹みちよと私のインスタグラムはこちら

みちよのFBはこちら

Following the great news on Shiro chan’s being safely saved last week, I would like to share another exciting news😊 that happened to us last week.

My sister, Mimi, (who is a foster parent of Eve, the ex feral dog, is going to publish her first picture book!

My sister, who loves painting, always wanted to publish picture book herself one day. In the past she tried, but her dream wasn’t realised.

Thanks to Mari Ueda, whom we call our mentor, and animal communicater &picture book author, this “dream” is going to come true. Mari has been working more tirelessly to support rescue dogs & cats recently. One of the works she is involved is to help people who wish to publish picture books after her first picture book “The reason I was born (Boku ga Umarete Kitanowa ne” was successfully launched and a second book is on its way.

The purpose of Mimi’s book is about feral dogs in Japan-they could be as lovely as other kinds of dogs (pure bred dogs)! In Japan pure bred types are still better considered.

Since Mimi became a foster parent of Eve, she learnt many things about feral dogs through the series of events of Eve’s running away, return and walking training.

Talking about feral dogs in Japan, in many cases, they are considered nuisance and treated badly, however, the focus in the book is their bright future as many people in Japan wish their happy life.

I am so glad as I can also contribute to the book by adding English in the book! How exciting😊.

We will continue to share the progress of the project. You can see them in the following instagram & FB.

Mari’s instagram-こちら

Mimi&my instagram (some posts have English) こちら

Mimi’s FB-こちら

Note: I used to translate the word “Yaken” as “wild dog” previously, however, I learnt it is not a correct translation. It should be translated as “feral dogs” because in Japan “Yaken” means the dogs who used to be owned by human as home dogs are abandoned and turned into feral.

食パン犬シロちゃん!Shiro chan, the bread loving dog!

昨日(1月15日)は朝から嬉しいニュースがあり、1日中とてもハッピーでした。

妹の元野犬イブ捕獲時にお世話になった、もっちさんから、「野犬のシロちゃん無事捕獲!」というメッセージ💗

年始早々、1匹の迷子犬の捕獲時に、もっちさんが、「次は食パン犬のシロちゃんです。もうすぐできそうです。」と言っていたので、それ以来、ずっと気になっていました。

お肉より、食パンが大好きで、捕獲網の中に恐る恐る入っては食パンを取って逃げていく姿が、すごく可愛くて(ごめんね、シロちゃん!)、最近は食パンを見れば、シロちゃんのことを思い出していました。

実はこのシロちゃん、もっちさんのお話によれば、迷子犬ではなくて、ずっと野犬(おばあちゃんの大体そう。)でしたが、1年前から、ある(心ある)方が「捕獲して一緒に暮らしたい’」とのことでずっと給餌していたそう。でも捕獲ができず、もっちさんのところへ相談が行ったそうです。

今回も、もっちさんのお手柄には脱帽です。

シロちゃんがいる栃木県ーここにも野犬がいる。。。一体日本全国で「野犬」と呼ばれる犬はどれぐらい存在するのか。Googleしても、今のところ、はっきりとわかりません。

今日はもっちさんは、シロちゃんのシャンプーとお散歩トレーニングでまた栃木へ。本当にお疲れ様です。。。としか言えなくて、申し訳ない気持ちです。

人間と暮らすのは初めてのシロちゃん、美味しい食パンをオーストラリアから送りたい気分です。お散歩トレーニング、がんばってね。

心優しいシロちゃんのご家族の方、ありがとうございます😊きっとシロちゃんと幸せな時間を過ごせる日が来ますね💗

シロちゃん捕獲直後 Shiro chan after being caught

Yesterday (15 Jan) I had a happy day with happy news😊.

Motchi san (who helped when Even sent missing) messaged me “Shiro chan has been caught!”.

In new years when I was chatting with Motich san about a dog who he caught then, he said to me “Next one is going to be Shiro chan, the bread loving dog!”. Since then I was always thinking about this wild dog.

I have seen Shiro chan, coming to grab a slice of bread and quickly ran away. He looked so nervous every time he dropped by. Since then I always thought about him when I was eating bread!🍞 ! He prefers bread to meat, what an interesting dog!

According to Motchi san, Shiro chan is not a missing dog. He has been living in a wild since birth (his grand mum and parents were also wild dogs!) However, a kind hearted family wanted to have him in their family and tried to catch him for a year with no success, so asked for Motchi san’s help. Well done again, Motchi san😄👍

I didn’t know there are still dogs living in wild in Tochigi prefecture where Shiro chan lives. i tried to look for how many wild dogs exist in Japan.

Today Motchi san returned all the way to Tochigi prefecture to look after Shiro kun & his new family with walk training. What an effort❤️.

Good luck to Shiro chan to settle in to his new life with people! It is not bad, you can have as much bread as you can!

Thank you so much to his new family for your super kindness and decision to live with ex wold dog. You will have a happy life together with Shiro chan❤️.

アニマルソールヒーリングー1月の学び

今月の学びはペットの「行動心理について」

まず犬と猫は基本的に好きなことと苦手なことが違います。

犬は元々群れで生活する動物で孤独を嫌います、そして家族(人間の家族も!)が仲良くないと精神的に落ち込むそうです。犬の下痢が続く時は、もしかしたら家庭内での問題を気遣っているのかも!

猫は、特に環境の変化に敏感で、キャットフードを変える時も時間がかかるとのこと。一緒に学んでいる妹の家の元野良ちゃんは、離乳の頃、元野犬イブちゃん捕獲のために仕掛けた餌のビーフをよく(その当時はまだ野良猫だったので)食べに来たそうで、未だにキャットフードを受けつかないとか。ビーフに徐々にキャットフードを混ぜるなどすればそのうち大丈夫になるでしょうが、本当に敏感なんですね。

「嫌いな状態」が続くと、当然、ストレスとなりますので注意が必要ですね。これは人間も同じ!

ストレスが続くと、落ち着きがない、破壊行動、などいつもと違った行動を起こします。人間だって、イライラしたり、怒鳴ったり、するように。

ペットさんたちは、ことばの代わりに常に私たちに感情のシグナルを送っています。観察してあげるのが大切ですね。

そして、その環境が良いかの判断は、その動物が好きなことができる環境かどうか(例:猫の場合はジャンプができる環境か、犬の場合は外に出てしっかり散歩、運動ができているかなど)を考えると自ずとわかってきますね。

Feeling nice & cool on the cool mat 冷却シートで気持ちいい?

Today’s learning was about dog & cat’s behaviour and what they are thinking.

Firstly, we all know that what dogs and cats like to do or dislike to do are different.

Dogs originally live as a pack, so they dislike being alone. Also we learnt they tend to feel stressed when they have issues with their family (members- including their human family!) Dogs often suffer from diarrhoea, when they have family issues!

It is known that cats are sensitive to change of their environment. This is why it is taking a long time for my sister’s cat to start eating cat food. This (my sister’s) cat used to eat cooked beef as a kitten because she used to be a stray cat and used to come to my sister’s place, as that time my sister’s dog ran away and my sister used to use cooked beef to catch the dog (ex-wild dog, Eve!) . The tip for the cat to get used to the cat food is to mix it gradually with the beef!

When pets are constantly under the condition where they have to put up with what they dislike, of course they fee stressed! (just like we human does!)

We can see if the pets are feeling stressed- for example, they start breaking items in the house etc, just like we become unsettled etc!

Pets send you signals what they are thinking/how they are feeling, for example, the most well known signal of dogs when they are happy is wagging their tails! but there are so many other behaviours to show their emotion.

If you are not sure whether or not the environment is good for your pet, you can find the answer by checking again what kind of things dogs/cats like to do and dislike to do👍

オーストラリアのドッグパークーアデレード編(Off lead park in Adelaide)

新年はアデレードにホリデーで来ています。夫の故郷であるアデレードには毎年訪れます。今回はヒルトンアデレードがペット同伴OKなので、ホテル滞在です!

メルボルンからアデレードまでは7時間のドライブ。さすがにさきも疲れた様子でしたが、翌日にはすっかり復活。見慣れない散歩コースを楽しんでいます。

川沿いの素敵な散歩道

中心地のホテルから車で5分ほどの場所に位置するPityarilla Dog Parkを見つけました。

ドッグパークへ入る前のルール

安全面ーメルボルンとは違って、フェンスがあり、小型犬(13キロまで)専用のスペースもあります。ゲートも二重になっていて安心感は◎

清潔さーうんち用の袋(Biodegradableー環境に優しく、土に帰る原料でできている)もゴミ箱も設置されていて◎

その他の配慮ー私たちが訪れたのは暑い日でした。屋根のあるベンチ、わんちゃんの水飲み場もありました。無料のパーキングスペースもたくさんあってこちらも◎

アデレードはとても静かでゆったりとした時間が流れる街。今回の滞在も楽しんでいます。

こちらの動画も見てね🐶

We are staying in Adelaide this New Year’s holiday. I have been visiting Adelaide many times as my husband was born and spent his childhood there. This time we are staying in Hilton Adelaide as we found out it was pet friendly hotel (this must be due to COVID).

It is 7 hours drive from Melbourne to Adelaide. Saki looked tired after the long drive. On the next day, she seemed fully recovered and is enjoying her walk in unfamiliar environment.

We were lucky enough to find a off leash dog park called Pityarilla Dog Park, which is located within short drive from the hotel in Adelaide CBD.

✅ Safety-There are two spaces for dogs-one for smaller (up to 13 kg) and double gates.

✅ Cleanliness-Poo bags and bins are conveniently placed (the bags were biodegradable – eco friendly!)

✅ other consideration for dogs and owners-It was a warm day when we visited. There are shaded area with roof for the owners to sit down. There was also a water station. Also there are many free parking spaces.

I always enjoy holiday in Adelaide as it is quieter and time goes slow😊

Check out my youtube, too😁

2021年の締めくくりとして(Wrapping up 2021)

大晦日となりました。今年7月にこのブログを書き始め、スローなペースで投稿していましたが、読んでいてくださる方がいてくださり、とても感謝します。

日本の保護犬、保護猫の幸せを願って。というテーマでしたが、イブちゃんが逸走した事件以来、「野良犬」の存在も知ることになり、加えて、妹は2匹の野良猫を迎え入れ、「野良猫」も加わりました。

SNS(FBとインスタグラム)上ではペット保護関係の多くの方と繋がり、貴重な学びがありました。

アニマルソールヒーリングを通して、動物は飼い主さんの笑顔が一番好きだということ、動物は何でも知っている、など今まで動物は好きでしたが、どことなくそういう思考って動物にあるとは思いませんでした。

でも、何といっても、一番の出来事は、元野犬のイブを通して、知ったことや学んだこと!特に、毎日毎日SNSを通して目にする迷子犬の多さ。日本のペット環境が世界の動物愛護先進国までに、良くなるにはまだまだ時間が必要だと思い知らされたこと。

迷子犬掲示板(以前のブログで紹介)に、「この1年で何匹の犬が迷子になりましたか?」と問い合わせたところ、「迷子になった犬の投稿(インスタ)は全て保存されている通りですが、データとしては記録していません。こんごの課題にします。」とご丁寧に返答がありました。私が推測するに、年間何百ぐらいじゃないと思います。1000匹は超えると思っています。

Maigo_dog Instagram page

ここ1週間ほど、迷子犬掲示板を、私も毎日インスタでチェックするようにしていますが、1日に何件もの迷子犬の投稿に正直、圧倒されます。「無事保護されました」という投稿には安心しますが、中には「残念ながら死体で発見されました」という投稿を見ると流石に、もうFollowするのをやめようかという気分になります。

でも、暗いニュースは置いておいて、ポジティブな面に目を向ければ、そんな迷子犬、保護犬、猫を助けようと時間も労力も惜しまない人たちがたくさんいらっしゃいます。そんな方達を少しでもサポートすべく、2022年も私たちはできる範囲で活動、発信を続けていこうと思っています。どうぞよろしくお願いします。

Today is the last day of 2021. Since started, I posted my blog at rather a slow pace. Thank you to everyone who has read my blog.

The theme of my blog is “wishing happy life of rescued dogs ad cats in Japan.” However, after the incident in which Eve the ex wild dog escaped from my sister’s place in Japan, I got to know there are many “wild dogs” in Japan. Also my sister adopted two wild cats! Therefore, my objective now is to support all dogs & cats including wild dogs and cats!

Through social media (FB and Instagram), my sister and I connected with many people (who supports dogs&cats) and learnt so many things about rescue pets and animals in general.

We started Animal Soul Healing course, where we learnt that pets love to see their owner’s smiles the best.

Most of all, we learnt a lot through our beloved Eve the ex wild dog. In particular, I learnt there are far too many “wild” dogs residing in Japan (and it creates a big social problem). Also learnt there are so many missing dogs inn Japan. I also feel it would take a long time for Japan to catch up with the other countries where animal protection is advanced.

Recently, I enquired 迷子犬掲示板(Maigo-Dog “Missing dog board” “roughly how many dogs were posted on your instagram?” The response I received was “All missing dogs poster is saved, however, we don’t record officially how many dogs were posted. This is our kaizen item.” However, I know it is not only a couple of hundread.

I have been checking “Maigo_dog” instagram every day and I feel almost overwhelmed by the number of the missing dog’s posts! I feel so relieved when I see the posts about the dogs safely being found. On the other hand, when I see the posts about the dog being found dead, I feel so hopeless.

However, I am putting dark news aside, because I am learning there are so many people who tirelessly helping dogs and cats in Japan. My sister and I, although we cannot do a big thing, will continue to action to support these amazing people in 2022.