保護犬 イブちゃん Eve-The Rescue Dog

2021年6月27日、梅雨でジメジメした天候の中、岐阜の妹は保護犬イブを迎えました。その2週間前には自宅の裏庭で見つけた瀕死の子猫「ラッキー」を保護したばかりでした。

イブちゃんは山口県周南市の公園(聞いたところによると、そこには常に約2000匹もの捨て犬、野犬が存在しているそう。)で捕獲、保健所で二匹の子犬を産み、北村杏樹さん率いるNPOアニマルレスキューMiki Japan(愛知県三河安城所在)で数ヶ月親子共々お世話になっていました。ペットロスからようやく回復した妹は、以前より、このシェルターの活動に興味を持ち、保護犬を迎え入れたいと杏樹さんにコンタクトをしたところ、イブちゃんを勧められました。

悲しそうだけど優しい目をしているイブちゃん。

生まれてずっと野犬として育ったイブちゃん、杏樹さんのインスタライブで私もよく拝見していました。野犬のイメージとは異なり、とても穏やかで、その当時は自分の子犬に何をされてもされるがまま。とても透き通った、でも寂しい目が印象的でした。インスタライブが始まると、いつも200人近いViewerの参加があり、イブちゃんの幸せを願うメッセージが飛び交い、人気犬でした。でもスタッフのかたが散歩に行こうとすると、そのてこでも動かない様子に野犬とペットとして生活してきた犬との違いに驚きました。

岐阜の実家へ到着しても、キャリーケースからは出る様子なく、やっと出てくれたのは2日後とのこと。うんちもおしっこもしてくれたのは到着5日後。ご飯も妹の前では今でも食べようとはしないそうです。

「イブちゃんを引き取ったのは間違いだったかな。野生の方が良かったかな。」と心配そうな妹。どうなることやら。でもイブちゃん、二日前と比べると、もっと優しい目になってきているような。。

Eve- The rescue dog

On 27 June, a rainy & muggy day, Mimi (my sister) welcomed a rescue dog named Eve. This is only two weeks after a near dead stray kitten joined her life.

Eve was rescued and named by a local animal rescue centre led by Anjyu Kitamura 北村杏樹, from a public park in Yamaguchi prefecture. Apparently, around 2,000 strayed dogs always reside in that park. She was pregnant when she came to Ms. Kitamura’s shelter and soon after that had two puppies. Ms. Kitamura’s team looked after her for a few months. After Mimi’s gradual recovery from her pet loss, she was now ready and interested in rescue dogs. When Mimi contacted Ms. Kitamura at the shelter, she was attracted to Eve and encouraged to take her.

Eve was brought up in the wild. Both Mimi and I viewed her when Ms.Kitamura showed her on her live Instagram. She was “popular” dog for its calm personality. Her eyes were clear, but looking sad. Usually more than two hundred of people joined the live event and all their comments wished her happy life. After giving birth, all the times the staff tried to take her for a walk, she resisted. I’ve never known any dogs who don’t enjoy walking. I was very surprised to see the difference between pet dogs and wild dogs.

After arriving at Mimi’s house, she had no interest in coming out from her carrier case. It took her 5 days to do her first wee and poo, and again no interest in walking. She never ate in front of Mimi.

Mimi is worried about Eve, and if it was the right decision to keep her? She may have been happier in the wild? However, Eve’s eyes look more gentle compared to when she arrived at Mimi’s house. It now looks like she is warming to her new environment.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中